書評『イシュマエル』文化にまつわるダイアログ

The Systems Thinkerより、ピーター・センゲによる1990年代の書評です。『イシュマエル ―ヒトに、まだ希望はあるか』(ダニエル・クイン著)。(日本語訳は残念ながら絶版のようで、Amazonでは非常に高額になっています)
https://thesystemsthinker.com/ishmael-cultural-dialogue/


「当方教師——生徒募集。世界を救う真摯な望みを抱く者に限る。本人直接面談のこと」

これが『イシュマエル』の書き出しです。私たちが共有する世界に対する前提への、目の離せない冒険です。グローバルな問題に対する、創造的で前向きな解決策を提示したフィクション作品としてターナー賞を受賞した本作は、私たちのカルチャーの「物語」がはるか遠くに示唆するものに対する、強力な問いを投げかけます。

教師のイシュマエルが、語り手の生徒に説明します。「母なる文化(その声は君が生まれた日から耳に届いている)は、どのようにしてものごとが今のようになったかを説明してきた。君はよく知っている。そして、君たちたちの文化の中にいる誰もが、よく知っている。(中略)私たちがこの旅路を進める中で、そのモザイクのカギとなるピースを改めて見つめることになる。そして、私たちの旅が終わったとき、君は、世界とここで起きたあらゆることに対して、まったく新しい認識を手にしているだろう」。本書を読み進めるうち、読者のあなたも同じ旅路ー1人の人間と1頭のゴリラによる、あなたの世界観を根本的に変えるかもしれない会話に参加することになります。

「できごと」から「相互関係性」へ

プラグマティックに見れば、システム思考は、難解で高度に相互依存的な問題を解決するツールと方法論の体系です。しかし、究極的に大切なのは、私たちの世界観を拡張することです。

近年、歴史学者のトム・ベリーは「私たちは、組織を改善することで、もっと上手く地球を破壊できるようにしているだけか?」と尋ねました。 本当にシステムの視点に立つならば、このような問いは無視できないものです。しかし、これらの問いが根本的に価値あるものであるのは、私たちに深く保持した文化の前提を問い直させるものだからです。この『イシュマエル』という一冊は、こうしたさらに深い目的を論じています。

私は、私たちの組織における支配的な思考と相互行動のパターンが根本的に変わらなければ、私たちを脅かす、さらに大きな環境危機は避けられないと考えています。この「モノやできごとから相互関係へ」の意識の転換が、本当の文化的インパクトを持ち始めるには、それが、広く深く浸透しなければなりません。『イシュマエル』は、この転換を始めるひとつの方法です。

現在進行中の物語のいちばん新しい章

ダイアログについての第一人者、物理学者の故デヴィッド・ボームは、人類は共に思考する力を、はるか昔に失い始めたと信じていました。彼は、農耕革命に端を発する社会秩序の漸進的な断片化は、思考の漸進的な断片化につながり、過去一万年の人間文明をどんどん特徴づけるようになったと考えていました。

驚くべきことに、イシュマエルは同じ視点でこのように述べます。「つまり、君は、君たちの農耕革命は、トロイ戦争のような出来事ではなく、遠く離れた過去のできごとで、現在の君たちの生活に直接関係しないと考えるのだね。近東の新石器時代の農民たちが始めた仕事は、一度も途切れることなく、世代から世代へ、そして今この瞬間まで受け継がれてきた。それは、最初の農村の基盤であったのとまったく同じように、今日の広大な文明の基盤となっているのだよ」。

イシュマエルによれば、私たちの現代の社会問題は、農耕革命以来、私たちが自然から断絶していること、つまり、私たちの役目が、自然を自分たちの意図に従うように支配することだという前提から生まれています。過去100年間、この考えをグローバルな規模で実行する力を、私たちが身に付けるにつれて、この前提の帰結は、ますます深刻になってきました。グローバルな環境への目に見えるインパクトを超えて、私たちは今や遺伝子コードを変化させる能力すら手にしています。イシュマエルが指摘するように、私たち人類は、この星の進化の歴史上、システマチックにほかの種を破壊する最初の種です。本質を言えば、私たちは進化のプロセスの基盤を弄んでいます。

これらの行動の背後には、人類が出現したことで、進化は終わりを迎えたという思い込みがあります。私たち人間はは、自分がただ現在も進行中の物語のいちばん新しい章だと認めるのではなく、この物語は私たちで終わったのだと考えています。この前提は、私たちの思考の中で、私たちを進化のプロセスの外側に置いたのです。文字通り、私たちは自然の摂理の外側に生きる「アウトロー(無法者)」なのです。この姿勢には、悲惨な帰結が待っています。私たちは、人類には進化が存在しないかのように振る舞うことで、それを現実にしてしまうかもしれない行動を取っています。進化は本当に私たちで終わるのかもしれません。少なくとも、私たちの種の進化は終わるのかもしれません。

文化にまつわる問い

ゴリラのイシュマエルは、こんな問いから授業を始めます「私の経歴に基づくなら、私が教えるにもっともふさわしい科目は何かね?」。語り手が答えられないと、イシュマエルは応えます。「もちろん、答えられるさ。私の科目は『囚われ』だよ」。

イシュマエルは、幼いゴリラの頃に捕獲されて動物園に売られましたが、折の中での「囚われ」について教えようというのではありません。その、もっと目に見えにくく、はるかに深遠な性質です。「君たちの文化の中の人で、世界を破壊したい者はだれかね?」とイシュマエルは尋ねます。語り手は応えます。「私の知る限り、誰も世界を破壊したいなどと思ってはいません」。

「にもかかわらず」と、イシュマエルは続けます。「君たちは破壊している。君たちひとりひとりが、だ。君たちそれぞれが、毎日、世界の破壊に手を貸している。どうして止めないのかね?」

語り手は肩をすくめます。「正直言って、方法を知らないのですよ」。

「君たちは、文明システムの囚われの身なのだよ。それが、多かれ少なかれ、君たちが生活するために、世界を破壊し続けさせている。」

イシュマエルと語り手の間の、文化についての深い探求がここから始まります。この問いは、企業の組織文化や、西洋文化vs東洋文化といったものの掘り下げではなく、私たちの支配的な工業化時代の文化(これはますますグローバルな文化となりつつあります)と、この文化がどのように、工業化以前・農耕化以前の社会における伝統的な文化と異なっているかを掘り下げるものです。この問いの目標はシンプルで、私たちが存在し続けていることの本質に気付くことです。語り手は、私たちが自分を解放するのを妨げているものは、何よりも、歴史を通して私たち自身が自分たちに言い聞かせてきた「物語」という思い込みの囚人だと気付いていないこと、そして、私たちを囚人のままにしているのは、私たちが「檻の格子に気付くことができない」ことに、次第に気が付いていきます。

イシュマエルは説きます。「2つの根本的に異なる物語が、人類史の中で始まった。1つは、ここで、200-300万年前に始まった。その者たちを、私たちは『残す者たち(Leavers)』と呼ぶことにした。そして、この物語は、今も彼らによって実行されている。ずっと変わりなく、うまくいっている。もう一つは、1万-1万2千年前に実行され始めた。その者たちを、私たちは『奪う者たち(Takers)』と呼ぶことにしたが、これは大惨事の内に終わろうとしているようだ」。

自分自身の文化を問うことは困難です。文化とは、定義として、私たちが「それを通して」見るものであり、私たちに「見える」ものではありません。私たちの共有する文化的な思い込みを問い直し続けることは、とてつもなく困難です。間違いなく、工業化社会に暮らす人同士が2人で、自分たちの文化のもっとも深い前提を掘り下げるのは困難です。というのは、彼らはその前提を共有しているからです。多くの意味で、そんな会話には、異なる視点、私たちのものとは根本的に異なるものが必要なのです。

ゴリラのイシュマエルは、人類がコントロールしようとしているものが、いかに完全なものであるかを表現しています。人間を生徒、イシュマエルを教師とすることにより、著者のクインは、私たちの自然へのアプローチを特徴づける支配関係を逆転させているのです。さらに、私たちの人間はゴリラと話すことなんてできないという、私たちの思い込みを保留させ、著者はある意味比ゆ的に、私たちはほかの種とは別の存在だという思い込みにも疑いを投げかけています。

このように『イシュマエル』は、私が本当の対話にとって大切だと考えているものを、痛烈に描写しています。私たちはよく、対話とは人が集まって輪になって座ることだと考えますが、実際、語源の「dia-logos」の意味はシンプルで、新しい意味のフローを開くような深い問いかけなのです。この意味で、対話は、個人の中にも、1000人の集団にも、そこに深い動きがあるならば、どんな状況においても起こり得るのです。

イシュマエルが生徒に使う問いの方法は、禅の公案―私たちの通常の考え方では解けず、完全に異なるフレームワークを必要とするパズルのようです。「私たちの文化創造の神話とは何か?」「私たちの世界の意味は何か?」。『イシュマエル』における生徒は、こうした問いに悩むことになります。この構造のため、読者は、この本をほとんどどこからでも読み始めて、問い掛けの本質を感じ取ることができます。私はこの本を持ち歩き、どこかページを選んで読んでみています。すると、10分か15分もしないうち、また探求のフローの中にいるのです。

ただ手に取って、どこからでも読み始めてください。

Strutter and Meaning
「気取り屋と意味」

書籍を評価する際、私たちはコンテント(内容)とプロセス(過程)が別のものであるかのように判断しがちです。しかし、この前提も、私たちの文化に浸透した深い断片化の一端です。文学に大切なのは、ただ説得力のある考え方を提示することだけではありません。偉大な書籍においては、表現の手法が、アイデア自体と同様の説得力を持ちます。『イシュマエル』が強力なのは、その手法、プロセス、そしてコンテントが密接に統合されているからです。本書のこうした前提そのものが、どんな論点の提示をも超えたレベルで、読者を巻き込んでいきます。

この理由から、私は『イシュマエル』は実に、クインが必要だと信じる種類の文化的な変化に寄与する可能性があると信じています。私たちの文化にまつわるこれまでとまったく違う種類の対話へ、私たちの考えを開かせることによって、本書はその文化に風穴をあける可能性があります。

『イシュマエル』が提示するのは、文化に関する中核となる矛盾です。いかなる個人であっても1人で文化は変えられない。しかし、個人の変化がなければ、文化は変わらないのです。私たちの文化の機能不全について、本書のように新しく、これまでと異なる、より明確な方法で考えるための刺激を与えてくれる書籍を、私はほかに知りません。個人としての私たち一人ひとりに訴えかけ、コレクティブな文化の変容を創り出すために必要な、個人としての変化を始めるようにと課題を投げかける一冊です。


ISHMAEL: CULTURAL DIALOGUE

BY PETER SENGE

“TEACHER seeks pupil. Must have an earnest desire to save the world. Apply in person.”

Thus begins Ishmael, a compelling exploration of our shared assumptions about the world. Winner of the Turner Tomorrow Fellowship, awarded for fiction that offers creative and positive solutions to global problems, Ishmael is a powerful inquiry into the far-reaching implications of our cultural “story.”

As Ishmael, the teacher, explains to his student, the narrator, “Mother Culture, whose voice has been in your ear since the day of your birth, has given you an explanation of how things came to be this way. You know it well; everyone in your culture knows it well…. As we make our journey here, we’re going to be reexamining key pieces of that mosaic…. And when we’re finished, you’ll have an entirely new perception of the world and of all that’s happened here.” As you read through Ishmael, you take part in that same journey, participating in a conversation between a man and a gorilla that may profoundly change the way you view the world.

From Events to Interrelationships

A pragmatic view of systems thinking is that it is a body of tools and methodology for solving difficult, highly interdependent problems. But ultimately it is about expanding our worldview.

Recently, the historian Tom Berry asked, “By improving our organizations, are we simply making them better at destroying the earth?” Such questions cannot be ignored if one truly takes a systemic perspective, yet they are profoundly challenging because they cause us to inquire into deeply held cultural assumptions. The book Ishmael speaks to this deeper purpose.

I believe that the larger environmental crisis that threatens us cannot be averted without profound changes in the predominant patterns of thinking and interacting within our institutions. This shift in orientation—from objects and events to interrelationships—must infiltrate broadly and deeply if it is to start to have a real cultural impact. Ishmael is one way to begin that shift.

The latest Chapter in an Ongoing Story

The late physicist David Bohm, a leading thinker about dialogue, believed that human beings began to lose their capacity for thinking together long ago. He believed that the progressive fragmentation of the social order that started with the agricultural revolution has led to a progressive fragmentation of thought, which has increasingly characterized the last 10,000 years of human civilization.

Strikingly, Ishmael takes the same perspective: “So you see that your agricultural revolution is not an event like the Trojan War, isolated in the distant past and without direct relevance to your lives today. The work begun by those Neolithic farmers in the Near East has been carried forward from one generation to the next without a single break, right into the present moment. It’s the foundation of your vast civilization today in exactly the same way that it was the foundation of the first farming village.”

According to Ishmael, our current social problems stem from our disconnection from nature that began with the agricultural revolution—the belief that our job is to dominate nature and make it subservient to our will. Over the past 100 years, the consequences of that belief have become increasingly severe as we have developed the power to implement this perspective on a global scale. Beyond the obvious impact on the global environment, we now have the ability to alter the genetic code. As Ishmael points out, we human beings are the first species in the history of evolution on this planet that systematically destroy other species. In essence, we are toying with the basics of the evolutionary process.

Underlying these actions is a belief that evolution ended with the appearance of humans. Instead of acknowledging that we are just the latest chapter in an ongoing story, we humans think the story ended with us. This assumption has set us, in our minds, outside of the evolutionary process. We are literally “outlaws,” living outside the laws of nature. This attitude has dire consequences: by pretending that evolution doesn’t exist for us, we are actually taking actions that may make it true. Evolution may indeed end with us, or at least the evolution of our species.

Cultural Inquiry

The gorilla, Ishmael, begins his teaching by asking the question, “On the basis of my [personal] history, what subject would you say I was best qualified to teach?” When the narrator is unable to answer, Ishmael responds, “Of course you do. My subject is ‘captivity.’ ”

Although he was captured and sold to a zoo as a young gorilla, Ishmael does not seek to teach about the captivity behind bars, but one of a more subtle and far-reaching nature. “Among the people of your culture, which want to destroy the world?” he asks. The narrator responds, “As far as I know, no one specifically wants to destroy the world.”

“And yet,” Ishmael continues, “you do destroy, each of you. Each of you contributes daily to the destruction of the world. Why don’t you stop?”

The narrator shrugs. “Frankly, we don’t know how.”

“You are captives of a civilizational system that more or less compels you to go on destroying the world in order to live.”

Herein commences a process of deep cultural inquiry between Ishmael and the narrator. This inquiry is not into corporate culture or Western versus Eastern culture, but an exploration into our prevailing industrial culture (which is increasingly becoming the global culture) and how it differs from the traditional cultures of pre-industrial and pre-agricultural societies. The simple goal of this inquiry: to become aware of the nature of our continuity. As the narrator gradually realizes, what prevents us from freeing ourselves is, first and foremost, not realizing that we are prisoners of our own beliefs of the “story” we have been telling ourselves throughout history. What keeps us imprisoned is that we’re “unable to find the bars of the cage.”

As Ishmael explains, “Two fundamentally different stories have been enacted here during the lifetime of man. One began to be enacted here some two or three million years ago by the people we’ve agreed to call Leavers and is still being enacted by them today, as successfully as ever. The other began to be enacted here some ten or twelve thousand years ago by the people we’ve agreed to call Takers, and is apparently about to end in catastrophe.”

It is very difficult for people to inquire into their own culture. Culture, by definition, is what we see through, not what we see. Because we do not perceive our culture, it is extraordinarily difficult to sustain an inquiry into our shared cultural assumptions. Certainly it would be difficult for two members of industrial society to explore the deepest assumptions of their culture, for they share those assumptions. In many ways, such a conversation requires another perspective that differs radically from our own.

Ishmael, the gorilla, represents the entirety of what humankind is trying to control. By making man the student and Ishmael the teacher, Quinn reverses the relationship of dominance that has characterized our approach to nature. In addition, by asking us to suspend our disbelief that a man can talk to a gorilla, the author is, in some sense, metaphorically challenging our belief that we are separate from other species.

In this way, Ishmael is a striking illustration of what I believe real dialogue is about. We often think of dialogue as a group of people sitting in a circle, but in fact the root diet logos simply refers to a deep inquiry that opens up a new flow of meaning. In that sense, dialogue can occur within an individual, in a group of a thousand people, or in any setting where there is a deep movement.

The method of inquiry that Ishmael uses for his student are like Zen koans—puzzles that cannot be resolved by our normal ways of thinking and require a totally different framework. “What is our culture’s creation myth? What is the meaning of our world?” These are the types of questions that the student in Ishmael struggles to answer. Because of this structure, the reader can jump in at almost any point and get a sense of the nature of that inquiry. I carry a copy of Ishmael with me, and often just pick it up and start reading on any page. Within 10 or 15 minutes, I’m back into that flow of inquiry.

just pick it up and start reading on any page

In evaluating a book, we tend to judge content and process as if they are separable. Such an assumption is, however, part of the deep fragmentation that pervades our culture. Literature is not just about presenting compelling ideas. In a great book, the method of exposition is as compelling as the ideas themselves. The power of Ishmael is that its method, process, and content are so tightly integrated. The very premise of the book engages people at a level beyond any mere exposition of its central issues.

For this reason, I believe Ishmael may indeed contribute to the very type of cultural change Quinn believes is necessary. By opening us to a whole different type of dialogue about our culture, it may create an opening in that culture.

Ishmael raises a central paradox about culture: no individual by herself or himself can change culture, yet culture can’t change without individual changes. I don’t know of any other book that stimulates us to think in such new, different, and much clearer ways about our cultural dysfunction as does Ishmael. This is a book that appeals to each of us as individuals, and challenges us to begin making the individual changes necessary to create a collective cultural transformation.

Peter M. Senge is the director of the MIT Organizational Learning Center and author of The Fifth Discipline: The Art and Practice of the Learning Organization.

Daniel Quinn, the author of Ishmael, will be a keynote speaker at the 1994 Systems Thinking in Action Conference in November. Ishmael is available through Pegasus Communications, Inc. (617) 576-1231. Editorial support for this article was provided by Colleen LannonKim.dm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中