インタビュー:ピーター・センゲ ③(Journal of Beautiful Business誌)

Journal of Beautiful Businessによるインタビューを翻訳します。聞き手は、MIT Sloan Management Reviewの元編集長、ニナ・クルシュビッツ。

ビジネスに『学習する組織』をもたらしたマネジメント思想の第一人者、現代の教育を語る(3/4)

2018年12月16日

Peter profile

前回まで /

教育に革命が起きているとすれば、どうやってそれが起きていると分かるのですか?

教育に革命が起きていると、私は信じています。多くのイノベーションの事例が、世界中のあらゆる文化圏、あらゆる社会で 起こっています。今プロジェクト型学習(PBL)は、巨大なグローバルなムーブメントになっていて、子どもたちは、誰かが造った教室での演習ではなく、意義のあるプロジェクトを通じて、 学習に取り組めるようになっています。Teach For Allのような団体は急速に成長していますし、「思いやりを持ったグローバル市民を育てること」を目的に掲げる国際バカロレア校も、すばらしい取り組みを行っています。

また、社会性と情動、そして瞑想の学びのムーブメントも起きています。米国の多くの州や、さらにいくつかの国レベルでも、社会性と情動の学習(SEL)を優先事項とすることを義務付けています。カナダのブリティッシュ・コロンビア州には、3つの包括的な教育目標があります。これらは、数学とサイエンス、語学、そして「心(ハート)の教育」と呼ばれるもので、ダライ・ラマの言葉から取ったものです。

世界中に巨大な規模で、こうしたことが起きているという事実は、非常に重要です。ですから、まずは物事のやり方に変化を求めることです。そして、関わっている教員や子どもたちと話をして、こうした取り組みが、ただの意義深いかどうかだけでなく、人生やコミュニティにおける効力感を高める役に立っているかどうかをたずねることです。教育における革命の究極の目標は、コミュニティがより健全になることですから。

革命はすでに起きているのですか?

たくさんのエビデンスがあるとは思いませんが、例えば、ブリティッシュ・コロンビア州では、州全体で管理する2つの調査を用いて、子どもたちの学業の成績ではなく、ウェル・ビーイングを追跡調査しています。(参照 https://www.childhealthbc.ca/initiatives/child-health-indicators-bc#block-views-block-resource-documents-block-1 )これは、まず幼稚園レベルに始まり、次に小学5年生ごろ。大切なのは、どうすればこの巨大なデータベースがコミュニティの役に立つようになるかを探求することでしょう。たとえばバンクーバーでは、各コミュニティが、地区内に住む子どもたちのウェル・ビーイングを検討するサポートとして、街全体で4区画ごとのグリッドのレベルまで詳細に分かるようになっています。子どもたちは安全を感じているか? 大切に思われていると感じているか? たくさんの大人と意義のある関係を築けているか? といったデータです。

これは、私にとって、私たちが「教育における革命」を「コミュニティ」という世界と結び付け始めているという兆しです。なぜなら、コミュニティが全体として子どもたちのウェル・ビーイングに着目するならば、そのコミュニティ自体のウェル・ビーイングに着目しないわけにはいかないからです。もし、学校制度においてクリティカル・マスを築くことができれば、思ったよりも早く、成果が社会に表れてくるでしょう。一夜にして起きるわけではありませんが、一世代かそこらではないでしょうか。

経済的な機会の欠如が大きな問題だとお話しになりましたが、AIによる仕事不足に直面する中で、教育についてどう考えるべきでしょうか?

私たちがMITで使っているシンプルなスローガンは「どのようにして、機械にはできない仕事のために、人々を教育するか?」です。これは、些細な問いではありません。皮肉なことに、これは教育のモデルに変化を促すものではないかもしれません。一般的に言って、教育では、子どもたちを企業のニーズに見合った仕事に向けて訓練することが重視されてきました。従来型の工業時代の学校の仕組みと、今日のさまざまな現実とのズレは、毎日広がり続けています。誰もが、分かっています。子どもたちももちろん分かっています。たくさんの無気力、無関心が存在しています。

AIが支配する世界の教育では、内省(リフレクション)と純粋な気付き(アウェアネス)の能力が、重要な基盤となります。これにより、さまざまな考え方、協力による取り組みの方法、私たちが大切に思うことと結びつく方法が生まれて、そしてこれらを何か具体的なものに転換できるのかもしれません。この内省とアウェアネスの能力から生まれるのが創造性、クリエイティビティーなのです。あまりよく理解されていないかもしれませんが、ただ「良いアイデアがたくさんあること」は、創造性ではありません。英語の「クリエイト(create)」とは「現実に存在させる」という意味です。そして、第一の問いはいつも「私たちは、本当に何を現実に存在させたいのか?」です。玉ねぎの皮を剥くように創造性について考えていくと、「人間であるとはどういう意味を持つのか?」という気付き、このフィールド全体が姿を現してくるのです。

企業は、教育にどんな役割を果たしますか?

教育は、常にとてつもなく政治的なシステムです。そして、ビジネスの論理が基本的にその原動力となっています。ビジネスには大きな役割がありますが、まだその役を演じていません。もっと多くのビジネス側の人が、教育の深く根源的な変化が重要だと理解し始めれば、一歩前に踏み出す人も増えるかもしれません。ビジネスが教育などどうでもいいと思っているのではありません。ただ、ビジネスの短期的なプレッシャーでいっぱいになっていて、私たちがまだエンゲージメントを高める良い道すじを創り出せていないのです。しかし、MITのIntegrated Learning Initiative(統合的学習イニシアティブ)などの取り組みは、ビジネスにとってカタリストとなるような効果を持ち得ると思っています。

続きます


If a revolution in education were underway, how would you know it was occurring?

Well I do believe a revolution in education is underway. There are many examples of innovation occurring in all cultures and all societies around the world. Project based learning is now a huge global movement, engaging kids in learning through doing meaningful projects that aren’t just some artificial trumped up classroom exercise. Organizations like Teach For All are expanding rapidly, and the IB schools, whose aim is “to develop caring global citizens,” are doing wonderful work.

And there’s the whole social-emotional-contemplative learning movement. Many states in the U.S. and even a few countries have mandated social emotional learning as a priority. The province of British Columbia has three overarching educational goals for the entire province: math and science, language arts, and what they call “educating the heart,” a phrase they got from the Dalai Lama.

The fact that those things are occurring and at significant scale around the world is really important. So, first, you look for changes in the way of doing things, and then you talk to teachers and kids involved to see if these are helping them feel a greater sense of not only meaningfulness, but efficacy in their lives and in their communities. The ultimate aim of a revolution in education is healthier communities.

Do you see that yet?

I don’t think we have a lot of evidence, but for example in the province of British Columbia they track the well-being of children — not their educational performance, but their well-being — through two instruments administered throughout the entire province: the first at the kindergarten level and the second around fifth grade. The important thing will be exploring how this huge database becomes useful to communities. In Vancouver, for example, they can go down to a four block citywide grid to help each community reflect on the wellbeing of children in its community. Do they feel safe? Do they feel cared for? Do they have multiple meaningful adult relationships? And so on.

That to me is the sign that we’re starting to connect the revolution in education to the world of communities because if communities as a whole focus on the wellbeing of children, they can not NOT focus on the health and well-being of their communities. If you can get a critical mass of change in the school systems, then the societal consequences could unfold faster than you would think. Not overnight, but in a generation or so.

You talked earlier about a lack of economic opportunity as a major problem. How should we think about education in the face of AI-related joblessness?

The simple slogan we use at MIT is “How do we educate people for jobs that machines can’t do?” That is not a trivial question.

Ironically this may be what spurs change in the education model. Education has generally been about training kids for jobs that fulfilled the needs of business. The lack of fit between the way the traditional industrial-age school works and today’s realities grows every day. Everybody sees it. And kids definitely see it. There’s a lot of apathy. The capacity for reflection and pure awareness are important underpinnings of education in an AI-dominated world, and could lead to different ways of thinking, of working together, of connecting with what we care about, and translating those things into something tangible. Out of that capacity for reflection and awareness comes creativity. I’m not sure that’s well understood. Just having a lot of good ideas is not creativity; to create means to bring into reality. And the first question is always, what do we truly want to bring into reality? If you think of creativity as peeling back the layers of the onion, a whole field of awareness about what it means to be human starts to reveal itself.

What role does business have to play in education?

Education has always been an extraordinarily political system. And it’s basically driven by the agenda of business. Business has a big role to play, but they aren’t doing it yet. When more business people start to understand the importance of deep fundamental change in education then I suspect more will step up. It’s not that they don’t care, it’s just they’re preoccupied by the short term pressures of their businesses, and we haven’t yet created a good path for engagement. But I think work like MIT’s Integrated Learning Initiative can have a catalytic effect for business.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中