インタビュー:ピーター・センゲ ①(Journal of Beautiful Business誌)

Journal of Beautiful Businessによるインタビューを翻訳します。聞き手は、MIT Sloan Management Reviewの元編集長、ニナ・クルシュビッツ。

ビジネスに『学習する組織』をもたらしたマネジメント思想の第一人者、現代の教育を語る(1/4)

2018年12月16日

Peter profile

ピーター・センゲ:MITスローン経営大学院上級講師、組織学習協会(SoL)創立理事。著書に、ハーバード・ビジネス・レビューが過去75年間で最も優れた経営書の1冊に選んだ 『学習する組織(原題:The Fifth Discipline)』、『持続可能な未来へ(The Necessary Revolution)』等。ジャーナル・オブ・ビジネス・ストラテジーより「現代ビジネスに最も大きな影響を与えた24人」の1人に選出。教育と学習にコミットしている著者が、効果的な学習の原則と、教育と学習が今まで以上に重要となっている理由を本誌に語った。

 

最も重要な学習の原則は何ですか?

すべての学習の原動力は、学び手の志です。あなたの意志が、本当に大切に思い、情熱を持っているものに向けられなければなりません。これがいちばん大切です。 人生の初期のどこかで、私たちは、歩くことに対する情熱を持っていました。そして、情熱に従い、歩くことを学びました。ときには、それが自転車に乗ることだったかもしれません。そして、その情熱に従いました。他にもありますね。

教育と学習における2番目の原則は、私たちは、やってみることでしか学ばないということ。つまり、私たちは失敗するものだということです。間違うことの価値を受け容れなければなりません。前に進む方法は、他に存在しないのです。2番目の原則は、受容と許しです。そして、3番目はもちろん、注意を払うことと、忍耐強くあること。自分が間違いを犯したと気づいたら、自分自身を許し、それを正します。

この3つの原則すべてを包含する原則は、あなたの人生とは、常に現在進行形で姿を現してくるプロセスであり、自分に何ができて、自分が何のためにここにいるのかを発見していくものだと捉えることです。

 

『学習する学校(Schools That Learn)』の出版から、重要なこととして着目している点に変化はありましたか?

変わったとは思いませんが、研ぎ澄まされたのだと思います。痛いほどに明確なのは、今なお一般的な工業化時代の目標は、終わりを迎えつつあること。私たちが直面している文化的な「針の穴(Eye of The Needle)」を超えて進む方法は、根本的な教育の変化なしには考えられません。一つ目の根本的な目標、あらゆる真の教育システムの本当の狙いは、一人ひとりが人間としての可能性を実現するための助けになることです。二つ目は、社会が進化して社会的・環境的なウェル・ビーイング(幸福)を育むための助けになること。長期的視点から健全な経済とは、そのよりどころである、さらに大きな社会と環境のシステムと調和することでしか存在し得ないのです。GDPをはじめ今の私たちの一般的な指標が、たとえそうであるかのように振舞っていたとしても、経済は何もないところに存在できません。これはただのロマンチックな理想の話ではありません。今日の世界で社会的・環境的な不均衡が悪化する中で、これは新しい、現実的な必要事項なのです。

今の私たちの暮らし方は、健康に生きるために必要な、生態系、社会、スピリチュアルな土台を壊してしまっています。気候変動は、私たちがこの星の生態系にかけている重圧からすれば、ほんの氷山の一角にすぎません。社会的な不均衡は、おかしな富の集中といった特徴が見られますが、これも巨大な氷山の一角にすぎません。世界が直面している経済と社会の最大の問題は、この経済が本当にもはや機会を生み出していない事実がもたらす、不安定さと、若者たちへの重圧です。

これらすべての背景にあるのが、スピリチュアルな不均衡です。私たちは、自分が何者で、なぜ生きているかという感覚を本当に失っています。たくさんの時間を費やして、ますます一生懸命取り組みながら、誰も望まない場所へ向かっています。逆に、私たちが本当に行きたい場所は、もはや明確ではなくなってしまいました。ただ生きているという、とてつもない贈り物は、消費者であることに取って代わられてしまいました。そして、これが機能していないと誰もが知っています。しかし、どうすれば抜け出すことができるか、誰も知りません。

 

生徒・児童たちや教育者と共に仕事をする中で、いちばん驚くことは何ですか?

驚くことではありませんが、若い人たちのオープンさや意欲に触れることが好きです。幼い子どもたちは、生まれつきのシステム思考家で、複雑性に対して諦めてしまうのではなく、それを受け止めることのできる生来の能力を持っています。システム思考教育のコミュニティにとって、これは非常に深い発見でしたが、考えてみれば、非の打ち所がなく論理的な帰結です。自然が、根本的に自然に反する種を生み出すことはあり得ないでしょうし、自然とは、相互のつながりそのものなのですから。

本当の問いは、人の生涯の中で、それがどのように培われるかです。私たちには生まれつきの音楽の能力があることが分かっています。しかし、楽器を与えられなければ、その能力が育つ可能性は低くなります。どんなスキルも、培われることがなければ、休耕地のようなものです。この能力を取り戻さなければ、今私たちが無意識に創り出している、例えば、貧困や気候変動といった問題は、決して理解することができません。

続きます


The acclaimed management thinker who introduced “learning organizations” to business on the purpose of education today.

Journal of Beautiful Business
https://journalofbeautifulbusiness.com/in-conversation-peter-senge-cacf143af48b

Dec 16, 2018

Peter Senge is senior lecturer at the MIT Sloan School of Management and founding chair of the Society for Organizational Learning (SoL). He is the author of The Fifth Discipline, named by Harvard Business Review as one of the seminal management books of the previous 75 years, Schools That Learn, Presence, and The Necessary Revolution, among others. The Journal of Business Strategy has said that Senge is “one of the 24 people who had the greatest influence on the way we conduct business today.” Committed to teaching and learning, he recently shared with the Journal the principles for effective learning, and why they are more important today than ever.

What are the most important principles of learning?

All learning is driven by the aspirations of the learner: you must be oriented towards what you really care or are passionate about. That’s number one. At some point in our early lives, our passion was to walk, and we followed that passion and learned to walk. At another point it might have been to ride a bicycle, and we followed that passion, and on it goes.

The second principle is that we only really learn through doing, and that means you’re going to make errors. We have to embrace mistake making. There’s really no other way of going forward. So the second principle has to do with tolerance and forgiveness. The third of course is paying attention and being patient. When you see you’ve made a mistake, have patience with yourself, and correct it.

If you look at all three together, the overarching principle is to see your life as an ongoing unfolding process of discovering what you’re capable of, and what you’re here for.

 

How has your focus on what’s important changed since the publication of Schools That Learn?

I don’t think it’s changed, but it has sharpened. It’s painfully obvious that the goals of the Industrial Age, which still dominate today, are reaching the end of the line. I can not conceive of any way to move through the cultural eye of the needle we are currently facing without a fundamental change in education. And the first fundamental goal, the real aim of all true systems of education, is to help each person realize their possibilities as a human being. Second is to help societies evolve to foster social and ecological well-being. Healthy economies are only healthy in the long term if they are in harmony with the larger social and ecological systems on which they depend. Economies do not exist in a vacuum, even though our current dominant indicators like GDP pretend that they do. This is not just a romantic ideal — in today’s world of worsening social and ecological imbalances, it is now a pragmatic imperative.

Our present way of living is destroying the biological, social, and spiritual underpinnings needed to live well. Climate change is just the tip of the iceberg in terms of the stresses we’re putting on the ecological health of planet. And the social imbalances characterized by the bizarre concentration of wealth we have now are also the tip of a very big iceberg. You could argue that the biggest economic and social issue the world is facing is the instability and stress on our youth caused by the fact that our economies are no longer generating real opportunities.

And behind all that is the spiritual imbalance. We really have lost touch with who we are, why we’re alive. We spend so much time working harder and harder to get to where no one wants to go. But where we do want to go is no longer clear to us. The extraordinary gift of just being alive has been replaced by being a consumer, and everyone knows it’s not working, but no one knows how to get out of it.

 

What most surprises you in your work with students and educators?

It’s not surprise, but I’ve loved encountering the openness and willingness of young people. Young children are natural system thinkers with an innate capacity to hold complexity and not be thrown by it. That has been a profound discovery by the systems thinking education community, but it’s perfectly logical if you think about it. Nature would not have produced a species fundamentally inimical with nature, and nature IS interconnectedness.

The real question is how does that get cultivated throughout one’s life. We know we have an innate capacity for music, but if you’re not given an instrument you are less likely to develop that capacity. If it’s not cultivated, any skill lies fallow. The problems we are now creating unconsciously, because we’re unaware of our interconnectedness — like poverty, like climate change — can never be understood without rehabilitating that capacity.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中