マネーと資本について (u.lab 2.0)

オットー:この「ビッグピクチャー」について言えば、マネーや資本をもっと国際的に使うこと、その役割はどんなものだろう?今の政治におけるダークマネーの影響、例えば、気候変動を否定する産業に5億ドルが投資されている状況だが、代わりにもっと育成できるものは何なのだろう?

センゲ:このネットワークすべて、つまりジャスト・マネー・イニシアチブ、銀行や金融の再発見といった動きを中心に発展してきたネットワークは、とても重要なものだと思う。私自身は、こうした動きにずっと関わってきたカトリン(カウファー)やラボのグループのみんなに、現場での経験ではまったく及ばないと思うけれど、このネットワークが絶対に必要だということには全く疑いの余地がないと思っている。

いつもこの問題について思い出すことがある。アメリカにおいてというより、実は、他の国々でも事情はそれほど変わらないと思うんだが、150年前にさかのぼれば、利益を占有する権利は、無条件に与えられるものだと考えられていなかった。これは一種の権利として存在していたが、そのためには「企業憲章」というものを持つ必要があった。企業には憲章があり、その企業の使命を明確に記さなければならなかった。企業が利益を占有できることが何よりも社会のためになるように、利益の占有がどうして社会のためになるのか、その理由を説明しなければならなかったんだ。

これはある意味で、企業が利益を占有する許可は、社会が企業に与えるものだということで、それが社会にとってどんな風に役に立つのかを説明できる、完全かつ正当な根拠が社会に存在していたということだ。しかし、20世紀の間にこれらはすべてあらゆる理由のもとに失われてしまった。今では、誰もが利益を占有する権利を持っていると考えられている。

「私が自分の利益をどうしようが、あなたには関係ない!」という考え方が問題なんだ。利益が問題なんじゃない。問題は、「放っておいてくれ。それは私のお金なんだから!」という態度なんだ。今それが「私のお金」であるのは、社会のメカニズムによって、私のところへお金がやって来たからであって、自分でお金を刷ったわけではないだろう?何もないところから利益が生まれたのではないだろう?顧客がいて、コミュニティーがあって、働いてくれる人たちがいる。つまり、より大きな社会というプロセスがあっての利益なんだ。オットー、君が言うのは「社会契約の破綻」と呼べるかもしれないけれど、それは根深い問題だよ。私たちの民間企業のデザイン、あるいはコンセプト自体の問題と言えるかもしれない。

長い間、私は中国の先生に師事していた。その先生と起業家について話したことがある。彼はこう言ったんだ。「中国には、起業家はいないよ」。私は、「ええっ?起業家なら全国あちこちにいるではないですか?」と答えた。「30年前には貧しかったにも関らず、今や何億ドルもの富を手にしている人たちがいるではないですか?」すると、先生は言った。「中国の伝統文化では、起業家というのは社会にとって何が最善なのかを考える人のことだ。社会のために事業を起こす人のことだ。だけど、今の人たちは、ただお金を儲けたいだけだ。彼らは、本当の起業家ではないよ」。

こうした、企業がより大きな社会を構成する一部だという伝統的な思考には、社会という織物(結びつき)に対する義務が存在するんだ。利益を生むことは、当然の権利ではなく、そこには社会契約が存在している。ある意味で、今日の企業や金融業界による取り組みはすべて、新しい社会契約が生まれ得るための条件、「器」を再構築しているんじゃないかと思うんだ。

現代の私たちの在り方というのは、本当におかしなものだし、興味深いことに歴史的に見ても特異なものだ。伝統的にほとんどすべての社会において、企業はこんな風には機能していない。もちろん、企業というのは歴史を通じてずっと存在している。ただ、「企業が孤立した存在で、自社のお金を、何でも思うように使うことができる」というのは、根本的な嘘だ。もちろんアメリカは、「これは私のマネーだ!好きに使えるんだ!」という、その態度を推し進めてきた典型的な存在なんだけれど。


Otto: So, talking about this bigger picture, what is the role of… more intentional use of money and capital? And, when you look at a kind of influence of dark money on the politics today, like the half billion dollar investment spent in the climate denial industry? What could be alternatives we could develop?

Senge: I think that the whole network, which has been developing around the Just Money Initiative, and the reinvention of banking and finance, is really quite crucial. I don’t feel I have nearly the kind of expertise and first-hand contact with that as others who have been involved like Katrine and people in that lab group. But there is just no doubt that is absolutely vital.

You know I have always been reminded of these matters that. In the US… I don’t think this is too different in other places. If we go back 150 years the ability to privatize the profit was not considered an automatic privilege. It was a right. And you had to have something called ‘corporate charters,’ literally corporations had charters in which they had expressed mission so that their ability to privatize profit was in the best interest of society. And they had to say why.

So, in a sense, society gives permission to the business to privatize profit. And society has a perfectly legitimate basis to say and how society benefitting. Now all of that is gone by the twentieth century for all kinds of different reasons. And, it has been considered everybody is entitled to privatize the profit.

And, “It’s not your business what I do with it!” That is the problem. Profit is not a problem. It is that attitude that “Hey it’s not your business! It’s MY money!” But it’s not my money. It’s my money because society operates in such a way, it became my money. I didn’t print the money. I didn’t make profit for nothing. It is made from the customers, communities, and all the workers, you know. So, the larger social process and the breakdown of the social contract, you might say, is a deep problem. You might say the design or our concept of private enterprise.

I had a teacher in China for a long time. Once we were sitting at a table and talking about entrepreneurs. He made this comment. He said, “Oh, there is no entrepreneurs in China.” I said, “What? But, there are entrepreneurs everywhere in China!” There is all these people who were impoverished 30 years ago but today their wealth is hundreds of millions of dollars!”

He said, “No, in traditional Chinese culture, an entrepreneur is someone who has the best interest of the society in her/his heart.” So, they are doing that in order of the benefit of the society. But those people just want to make money. They are not real entrepreneurs.”

So, these older ideas that private business is a part of larger social fabric has an obligation to that social fabric. It is not a right or privilege to make a profit. And there is this social contract. I think, in a way, all the efforts from the corporate side to the financial industry side are re-creating conditions or container within which a new social contract can develop. The way we are doing it now is really crazy and interestingly, a kind of ahistorical. It’s not the way business work traditionally in most of our societies.

Of course, business has been around forever. But they would this isolated think they could do anything they want with their money. That is the basic lie “It’s my money. I can do what I want with it.” I think that America has been, of course, the archetypal promoter of that attitude.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中