2015年11月にオランダ、ハーグで行われた「IB Heads World Conference」でのインタビュー。前回の続きです。

原文: The Global Search for Education: Bring On the Change


2030年の理想の教育ビジョンはどのようなものですか?

学校の多様性と学習者の多様性がマッチしていることです。私たちはみんな異なる学び方をします。ですから、本当に「学ぶこと」を中心に据えた学校(「教えること」ではなく)なら、様々なタイプの学習者に奉仕することができるでしょう。このような学校は、より広いコミュニティーに深く根付くことでしょう。こうして、保護者や家庭が、学習のプロセスに深く関与することになります。生徒と教師、地域のみんなが、より健全なコミュニティーを築いていきます。

 

Untitled

IB(国際バカロレア)のカリキュラムや学習システムの強みは何でしょうか?

IBには、多くの文化や背景を越えて学びをサポートできる傑出したインフラがあります。学習とは人間としての成長であるという哲学が共有されていて、IBは世界のリーダーとして、新しいアイデアを試し続けて、根本的なイノベーションの普及を加速することもできるかもしれません。このように新しいアイデアを試し、広めることのできる良いネットワークがなければ、とてもすばらしい成果が約束されていても、アイデアが磨かれることも、発展することもないいのです。教育に未来に何が必要か?たった1つの正解は存在しませんが、もっとも必要なものは、私たちのもっとも基本的な社会的ニーズに役立つ、より深い学習という領域を厳しく探求する、コラボレーションのコミュニティーです。IBネットワークはすでにこの領域に踏み出していると、私は感じています。

聞き手:C. M. Rubin


What would be your ideal vision for education in 2030?

That the variety of schools matches the variety of learners. We all learn in different ways and a truly learning-centered school (versus a teaching-centered school) will be able to serve many types of learners. Such a school would also be far more embedded in the larger community, so that parents and family are deeply connected as well to the learning process – students, teachers and community members building more healthy communities.

How do you see the strengths of the IB curriculum and learning system in this regard?

IB has an extraordinary infrastructure to support learning across cultures and contexts. Guided by a shared philosophy of learning as deep human development, IB could be a world leader in continually testing out new ideas and accelerating the spread of fundamental innovations like systems education. Without a good network for testing and diffusing ideas like this that have so much promise, they will never get refined and grow. There is no one answer to what is needed for the future of education. What is most needed is communities of collaboration exploring rigorously the territory of deeper learning that can truly serve our most basic societal needs. My feeling is that the IB network is already stepping into this space.

広告