2015年11月にオランダ、ハーグで行われた「IB Heads World Conference」でのインタビュー。前回の続きです。

原文: The Global Search for Education: Bring On the Change


ご存知の学校システムや学校の中で、どのようなところが、集合的・包摂的な学習する組織をつくったのでしょうか?それらの事例が示す成功の手法とはどのようなものですか?

センゲ: SoL Education Partnershipには、合計15 – 20の学校区、約1000校が含まれています。これらの学校を訪れれば、教室にしても、学校全体にしても、その風土が非常に大きな違っていることに気付くでしょう。教師と生徒が共に学んでいて、現在進行中の教育のトランスフォーメーション(変容)プロセスにおける、生徒のリーダーシップが本当に尊重されています。つまり、これらの学校はまさに、学習の起きる環境を創り出しているのです。

この取り組みを振り返って、はじめに気付く成果は、教師と生徒が深い関心を持って関与していることです。教師も学んでいますし、生徒も学んでいます。お互いの学びが結びついているのは、両者がともに継続する学習環境の全体に寄与しているためです。次に、その学びの深さに気づくでしょう。たとえば、今日の教育では、サイエンスや数学においても、深い学びではなく、表面的な技術の習得があまりに強調されています。最後は、とても多様な学習者にとって、より包摂的な教育であることです。ビジュアル思考のスキルが重視されているので、言語の熟達ばかりが重視される教室にくらべて、特に年少期ですが、母国語ではない言葉で学んでいる学習者が不利を受けないようになっています。

ひょっとすると最大の成果は、ホール・システム・アプローチが、子どもたちみんなの直感的なシステム思考の能力にとても深く結びついているという、エビデンスが増えていることかもしれません。たとえば、たくさんの学習者が、伝統的な教育論や特定タイプの学習(言語能力や演繹的論理思考など)への偏重に苦しんでいましたが、この環境においては、重視されるのは関係性や変化のプロセスですから、彼らももはや不利を受けなくなります。

続きます


Interviewer: What school systems or schools are you familiar with that have established a collaborative inclusive learning organization? What are the key measures of success they have shown?

Senge: Within the SoL Education Partnership, there are now 15-20 school districts with close to about 1000 schools all together. When you visit these schools, you’ll see a profound shift in the climate, from the classroom to the school as a whole. Teachers and students learning together. A real appreciation for the leadership of students in the ongoing process of transforming education, ongoing inquiry, reflection and innovation in pedagogy. In short, these schools really do create learning environments.

The very first thing you notice when you consider the consequences of this effort is deep engagement by teachers and students. Teachers are learning, the students are learning. The two are connected because they’re both contributing to an overall environment of continuous learning. Second, you see the depth of the learning. Today, there is way too much emphasis on superficial mastery of technique rather than deeper learning, for example in the sciences and mathematics. Lastly, you start to notice a more inclusive reach to very diverse learners. Because there is a strong emphasis on visual thinking skills, especially at the early ages, learners who are operating in a language that is not their native language do not find themselves in the same disadvantage as in the classroom emphasizing only verbal skillfulness.

Perhaps the greatest single outcome is the growing evidence that the whole systems approach connects very deeply with the intuitive systems thinking capabilities of all children. For example, the many learners who struggle with the traditional pedagogy and the traditional cultural bias towards certain types of learning (like verbal facility and rapid deductive reasoning) are no longer disadvantaged in an environment that is focused on relationships and processes of change.

広告