2015年11月にオランダ、ハーグで行われた「IB Heads World Conference」でのインタビュー。前回の続きです。

原文: The Global Search for Education: Bring On the Change


学習の成果として必要とされている重要な能力について、21世紀と20世紀における違いは何でしょうか?また、それを可能にするため、教師に求められる重要な能力は何だと考えますか?

重要な違いは、相互依存性とコラボレーションの大切さの認知、そして、頭と心と手のつながりの理解の深さだと思います。子どもたちは、自分は学ぶことができる、複雑な問題を解決することができる、そして、そのために互いに協力し合うことができるという、深い自信を身に付けなければなりません。私たちが社会で直面する問題は、気候変動などのグローバルな問題から、格差、目的意識や相互のつながりの喪失といったもっとローカルなものまで、既存の組織には手の届かないものであり、ヒエラルキーに基づく権力に頼っては解決できないものなのです。

これらの問題を解決するには、人々が協力しなければなりません。そして、生徒たちはこの部領域で新しい能力を身に付けなければならないのです。このような、私たちにとって最も意義のある課題に向き合うための「コラボレーティブな学習」を育むには、まず教師がこの能力を身に付けるよう努めなければなりません。私たちは「私たちが何を知っているか」だけではなく、「私たちは何者であるか」を教えます。縦割り構造の中で働くこと、教室の前でカリキュラム通りに教えることに慣れている教師には、今日の学習者たちのニーズを満たすことはできないでしょう。ですから、助け合い、リスクを取ることのできる学校の風土を育てるため、校長などのリーダーシップが必要です。

children

21世紀の学習環境において、もっとも懸念される弱点は何でしょうか?教師と生徒は、これら弱点に対処するために、何ができるでしょうか?

断片化と個人間の過当競争は、本当に学びたいと望む学習者の学びの精神を破壊してしまいます。 長い時間をかけて、学校は先生に認めてもらうため、テストの点数を取るために、パフォーマンスの場になってしまいました。

これは、学習において良い成果をもたらしません。また、生徒たちはもはや、教師たちがあらゆる知識の最先端にいることを期待していません。なぜなら、生徒たちは自分で非常にたくさんの情報にアクセスできるからです。生徒たちが本当に必要としているのは、自分たちの学習のプロセスに、ガイドとして、共に学ぶものとして、教師が一緒に参加してくれることです。この断片化を克服できるのは、知識の相互結び付きに深く基づいた教育プロセスによってだけです。過当競争を克服できる唯一の方法が、個人と集団の学びのもっと健全なバランスを生み出せる文化を生み出すことであるのと同じです。

続きます


What is different about learning outcomes needed for the 21st century versus the 20th century in terms of the key competencies required? How do you see the key competencies required of teachers to enable this?

The key differences in competencies I believe lay in the depth of understanding; the appreciation of interdependency and collaboration; and reconnecting head, heart and hand. Children need to come to a deep confidence that they can learn, that they can solve complex problems and that they can do this together. The problems we face in our societies – from global problems with like climate change to more local ones like inequity and loss of purpose and connection to one another – are beyond the reach of existing institutions and their reliance on hierarchical authority.

People need to collaborate to solve these problems and this is where students need to build new competencies. Fostering this collaborative learning of how to face the challenges that mean the most to us will require teachers who are engaged in building the same competencies. We teach who we are not just what we know. Teachers who are used to working in silos and standing and delivering the curriculum will be unable to meet the needs of today’s learners. This is why leadership, like principals who build school cultures of collaboration and risk taking, is so important.

 

What do you see as the most concerning shortcomings of the 21st century learning environment? How can teachers and students work to counteract these shortcomings?

Fragmentation and excessive individual competition destroy the natural spirit of learners who truly want to learn. Over a very long time, school has become a place of performing for a teacher’s approval, or scoring on the test.

This was never conducive to learning and it is less credible for students who no longer expect teachers to be the font of all knowledge, since they have access to so much information on their own, but really need teachers who join the learning process with them, as guides and co-learners. Fragmentation can only be overcome by an education process that is deeply rooted in the interconnectedness of knowledge, just as excessive competition can only be overcome by building cultures that strike a more healthy balance between individual and collective learning.

広告