聞き手:次の言葉について質問します。「スピリチュアリティー」です。多くの人が敬遠する言葉です。あなたは、違いますが。ただ、どうしてこの言葉には、これほど、バイアスがかかっているのでしょう?そして、あなたは、この「スピリチュアリティー」と「マインドフルネス」をどのように区別しますか?

センゲ:これは、文化に深く関係した問いですね。スピリチュアリティーは、西洋ではバイアスのかかった言葉です。なぜなら、宗教と強く結びついているからです。ですから、答えは単純です。「スピリチュアリティー」と言うと、西洋の人のほとんどは、宗教のことだと考えるからです。そして、実際にこう考えるのは「適切」だと言えますが、「この宗教か、あの宗教か?」と考えるのです。みんな、宗教には様々な違いがあり、しばしば互いに対立関係にあることを知っていますから。

だから、私たちはみんな、「スピリチュアリティー」という言葉を、とても注意して使っています。また、気を付けて使うべきだと思います。というのも、私たちは、どのようなものであれ、特定の宗教的な志向性や特定の信条を支持してはいません。他の文化では、このことはそれほど問題にならないと思います。アジアの文化では、スピリチュアリティーが、もっと人間の成長の問題だと捉えられていて、必要以上に特定の宗教と関係するものと考えられていないと思います。

聞き手:「マインドフルネス」はどうでしょうか?

センゲ:マインドフルネスにも同じ問題があります。可能性としての問題ですが。思うに、今は多くの人が、この言葉を使うのは、何というか中立的だと考えているからです。しかし、多くの人たち、特にキリスト教を強く信じる人たちにとっては、これがとても仏教的に映ります。この言葉が、多くの仏教に関心を持つ人たちにより、用いられるようになったからです。ですから、また同じ問題に取り込まれてしまうわけです。「うーん、その仏教的なことをやりたいとは思えないなあ」といった感じに。

ダン(ダニエル)・ゴールマンは、とても言葉に関して洗練された文章を書く人だと思いますが、彼の最新の作品のタイトルを見ると、これは「Focus(集中力)」となっています。この本に書かれていることは、多くの人の言葉の使い方で言えば、「マインドフルネス」のことばかりです。ダンは、きっと中国の人ならこう言いますが、「人としての成長」にとても熱心です。そして、宗教とのつながりができることや、宗教間の違いにとても繊細な注意を払っています。ですから、彼は「マインドフルネス」という言葉でさえ使いません。ただ、お分かりのように、本当に考えていることが何かと言えば、「注意を向ける」能力についてなんです。


Interviewer: I want to shift to another word, “spirituality” that would make a lot of people shift in their chairs, not you. But, why is this such a loaded term? And how do you distinguish spirituality from mindfulness?

Senge: It is a very cultural question. Spirituality is a loaded term in the West because it has gotten so interlinked with religion. So, the answer to that is very simple. When you say spirituality, most people in the West think it is religion. And they think actually and appropriately, is it about this religion, or that religion? Because we all know that religions have all these differences and often all in conflict.

That is why ‘spirituality’ is a word all of us use very cautiously. And I think we should, because we are not advocating any religious orientation or a set of beliefs. I think in other cultures, that is much less issue. Asian cultures, spirituality is seen much more as a subject about human development rather than being overly closely associated with any particular religion.

Interviewer: And, ‘Mindfulness?’

Senge: Mindfulness has the same problem, potentially. I think a lot of people use it now as they think that it is kind of neutral, but I think a lot of people, particularly people who have strong Christian orientation, see this very Buddhist. Because there has been brought forward as a term by a lot of people who have Buddhist orientation. So, you are sucked right back into a same cogma, “well, I am not sure if I want to do something Buddhist.” No, would I.

So, Dan Goleman, who I think is pretty tuned as a very sophisticated writer to terms, you look at the label, at the title of his most recent book, it is ‘focus.’ The book is all about ‘mindfulness’ in the way most people use it. Dan is very serious in terms of his own development. He is a person who has a stable awareness. He is a very serious cultivator, Chinese would say. He is very sensitive about fostering religious associations and differences. So, he doesn’t even use the word ‘mindfulness.’ But you know, if you really think about the ability to pay attention.

広告