インタビュアー:では、企業の中に「繁栄するシステム」全体を創り出すには、どうすれば良いのでしょう?

センゲ: こう考えてみましょう。歴史を振り返って、長期的で大きなインパクトを社会に与えた企業が行ったことがあります。それは、短期的ではなく、長期的な人々のニーズを探し当てる方法を発見したのです。そうして本当のニーズ、チャンス、人々の意志や願望と、自社の製品やサービスを届ける方法とを結びつける方法を発見しました。これをイノベーションと呼びます。こうした企業は、新たな価値創造のドメインを生み出しました。うわべだけの価値の創造ではなく、本当の価値の創造です。

だから、イノベーションに関して考えれば、ずっとビジネスこそが、イノベーションや、そして近代社会のコアとなっているのです。政治ではありません。政治の役割ではないのです。ほとんどの場合、ビジネスからイノベーションが起こっています。

これは別に新しいことではないと思います。しかし、問題は、ここ20~40年の間でしょうか、経営を管理する方法が、とても短期的な金銭的利益にばかり極端にこだわるようになってしまいました。しかも、そうすることで喜んでもらおうとしているのは、その事業を大切に思う感情を、いちばん持たない人たちです。

純粋に理論だけによる合理的な関係、これが株主です。みなさんの企業で実際に働く人たち、事業を行っている地域社会の人たち、モノやサービスを提供する相手でさえ、なんらかの形で、その事業のことを大切に思っています。しかし、投資家にとってみれば、みなさんの事業は投資に対するリターンを運ぶ乗り物に過ぎません。ステークホルダーを見れば、明らかに、企業の価値創造にとって一番重要でないのが、実は株主です。しかし、特にビジネススクールのせいだと思うのですが、私たちが注意を払うべきは、他の誰よりも株主たちだと、私たちは思い込んでしまっています。そして、リターンへの過剰な執着が生まれます。

株主だけに注意を払うと、短期的な利益に集中することになります。利益というのはとても重要なものです。とても総合的かつ包括的な指標です。ただし、何十年という時間軸で見れば、の話です。数分間、数時間に目を向けるなら、何の意味もありません。なぜなら、どんな馬鹿げたことでもできるからです。単にあれやこれやの投資を止めるだけで、数値上の収益を良く見せられます。しかし、20年くらいの単位で考えれば、本当にいろいろなものを統合して考えなければなりません。「健全なビジネスを築くための、ひとつの側面としての財務上の利益」という考え方でなく、「株主の歓心を買うこと」がすべてになってしまったことで、このような事態が起きています。

多くの思想家や経営者が、同じことを言っています。ドラッカーのたとえ話がいちばんはっとさせられるのですが、こう話しています。

企業にとっての利益とは、人間にとっての酸素のようなものだ。足りなければ、死んでしまう。しかし、もし人生で最も重要なのが息をすることだと思っているなら、その人は何かを見落としている」。

ですから、利益は、手段に過ぎないんです。

本当の問いは、「私たちは何のために存在するのか?」です。すばらしい企業はいつの時代もこの問いを抱えています。私たちの存在する意義は何か?私たちを差別化するものは何か?私たちを本当にワクワクさせるものは何か?そして、はっきり言いますが、お金を儲けることが人をワクワクさせることは、絶対にないんです。誰一人としてね。たくさんの圧力が、私たちにそんなことはないと思わせようとするんですけれどね。


Interviewer: How do you create the whole system that is flourishing in business?

If you think about this, historically businesses that have had a big impact on society long-term, that is what they have done. They found ways to identify not just short-term, but longer-term human needs. They found the ways to connect those real needs and opportunities and aspirations and desires with ways of delivering products and services. That is called innovation. Right? They have realized new domains of value creation, genuine value creation. Not just superficial value creation.

That is why business has forever, as long as we have been thinking about innovation, really been the locus of innovation and modern society. Governments are not. That is not really the function of government. And in by and large. But business does do that.

I don’t think this is all that new in a way. The problem has become that the way business is managed, more and more, I would say in the last 20, 30, 40 years, is very short-term and very obsessively focused on financial return, and pleasing only stakeholder who he really doesn’t care at all about your business emotionally.

Purely, it’s intellectual rational relation, called stockholder. The people who work for your business care. The people in the community you operate in care. The people you serve, in some sense, they care. But for the investors, you are just a vehicle for giving me a return on capital. If you look at all the stakeholders, obviously the least important, in terms of value generation, is actually stockholders. Yet, I think because of management schools particularly, we have determined that they are the one we should all care about. So, obsessive focus on return.

When you focus on the shareholder, it becomes short-term return, that is very important. Profit is very integrated holistic measure… if you look over decades. If you look over minutes, or hours, it’s pointless because you can do all kinds of stupid things to make your financial performance look better by simply not investing this or that. If you have to look over 20 years, then by golly, it integrates all kinds of things. That is what happened when it became all about pleasing shareholders as opposed to financial return as one aspect of building healthy business.

All the great thinkers and management said this. You know, Drucker had most evocative metaphor. He said, “Profit for a company is like oxygen for a person. If you don’t have enough, you are out of the game. But, if you think your life is about breathing, you have missed something.” It is just a means.

The real question is what are you here for? And I think good companies have always lived with that question. What are we really here for? What makes us stay distinctive? What would we really be excited about? And, I tell you, making money has never really excited anybody, despite all press that would lead you to think the contrary.

広告