「偉大なことなんてできませんよ。大きな愛を込めて、小さなことをやるんです」(マザー・テレサの言葉)

あさって、私はブータンへ行くのですが、オットーも最近会ったインド人のとても良い友達、デバシスも参加します。出会ってすぐの頃に彼から聞いた話に、決して忘れられないものがあります。

当時、デバシスは20歳くらいの大学生でした。たくさんの友達の助けを得てマザー・テレサとのインタビューを取り付けたのでした。彼はカルカッタへ行き、マザー・テレサの住む場所を訪ねて、インタビューを行いました。いろいろな質問を用意して、1つ1つ聞いていきます。この間、彼女は丁寧に彼の質問に答えていました。

そして、全部の質問を終えた時、彼は尋ねました。「あと1つ質問したいことがあるのです。実は、これが聞きたかったのです」。マザー・テレサは、「ええ、もちろん」と答えました。

彼女がそう言うとすぐに、デバシスは質問を投げかけました。

「どうすれば人は、偉大な仕事をすることができるのですか?」

マザー・テレサは、インド人がいつもする、あのちょっとした(首を左右に動かす)動作をしました。

「明らかに、私が何を言っているのか、彼女はさっぱり分かっていなかったんだ」とデバシスは言いました。「私の言葉も考えも、彼女にはまったく意味を持たないかのようだった。彼女はただ困惑していた。まるで『この人は誰だったかな、どうしてこんな質問をするのかな』といった風だったんだ」。

それから、マザー・テレサは肩をすくめて、こう言いました。

「偉大なことなんてできませんよ。大きな愛を込めて、小さなことをやるんです。それだけです。

これが、自分の注意を向ける先を選び、自分にできることをやるということ(前回のエントリー参照)です。誰でもどんな人だって、やっていることは同じです。大きな仕事、小さな仕事なんてありません。「過去」や「未来」が存在しないのと同様、ただの概念にすぎません。その「大きなこと」「小さいこと」にすっかりとらわれているのが、私たちのエゴなんです。あの人は、あんなに大きなことをやっているのに、私は・・・。そうじゃないんです。そこには「こと」があるだけです。大切なのは、どんなスピリットを持って、それを行うかです。その「こと」自体の重要さではありません。

私は本当に思うんです。現代の大きな悲劇の1つは、みんな、自分がどれだけ「大きなこと」をやっているかに捉われるあまり、本当に実現し得ることに比べて、あまりに少しのことしか成し遂げられていないことです。

つまり、この文脈で言えば、みんな「大きな愛を込めて小さなことをやって」いないわけです。それが、いつか違いを生み出すかもしれないのに。モノゴトの「重大さ」に深く捉われているせいで。これは、自分のエゴに負けてしまっているということなんです。


I’m going to be in Bhutan, in about two days. And I’ll be joined there by a very good friend of mine, an Indian, who you met recently, Debashis. I’ll never forget one of the first stories Debashis ever told me. He’s like, 20 years old. He’s very young. He’s a university student. And, through a bunch of friends helping, he got to do an interview with Mother Teresa. And he says, like– this is such a big thing.

So he goes to Calcutta. He goes and visits her, in her place where she’s living. And he’s doing the interview. And he goes through all his– you know, he’s a student. He’s got all his interview questions. He goes through all of them. And then he kind of gets through those, and, you know, she’s polite and answering him.

And finally, he’s kind of gone through all his interview. He says, but there’s a question I want to ask. You know, this is my question. And she goes, oh, of course. And he says,

“How does a person do great things?”

And he said, no sooner had she told him that– he asked that question– and she’s, you know, doing that little thing the Indians do, all the time. He said, it was quite clear she didn’t have a clue what I was talking about. Like, this was my words; this was my idea had no meaning to her, whatsoever. She looked at him, and she– she didn’t say anything, for some time. She was just puzzled. You know, who is this guy, asking me this question? And then he said– he said, she finally just shrugged her shoulders.

And she said,

“You cannot do great things. You can only do small things with great love.”

So that’s– choose where to put your attention, and do exactly what you can do. And just know that that’s all anybody ever does. There’s no big things, small things. That’s like past and future. They’re just concepts. You know? And obviously our ego can get really attached to the big things, small things. Well, like, oh, you’re just doing that, you know, and I’m– No. There’s only things.

And it’s the spirit you bring, not the innate significance of the thing. I really do feel one of the great tragedies of today is people who are accomplishing so much less than they could because they’re so focused on what a big thing they’re doing.

And they’re not doing the small thing, in that context, with great love, that could make a difference, over time. Because they’re so focused on the enormity of the issue. Which is to say their ego has gotten the best of them.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中