「マインド(心)とマター(物質)の再統合」について (後編)

1996年にオットー・シャーマーがピーター・センゲに行ったインタビューの一部より(前半はこちら)。2015年のU.Labで、オットー・シャーマーが「自分自身に非常に大きな本質的影響を与えた」と語った対話の一部です。

SengePeter


私たちが創り出した環境条件に対して、どのようにして「集合」としての責任を負うことを学ぶのか?

ピーター・センゲ: ここで困難なのは、個人が自分の人生の経験に責任を引き受けない限り、あるいは少なくとも自分で体験した「経験」に責任を持たない限り、深い変化はほとんど不可能だということだ。より大きなスケールの人間のシステムを扱うときの課題は、集合として、人がいくらかの責任を負わなければならないことだ。セラピーの公理とまったく同じだと思うんだ。人間は、自分の人生に起こったひどい出来事を知ることはできるが、そこで自分自身がどんな役割を果たしているかに気づかない限り、被害者としてのマインドセットから決して抜け出せない。そして、被害者意識は、どんな創造的な変化のエネルギーをも生み出すことができないんだ。ドゥ・マレーは、ソシオセラピーという言葉を使ったが、変革の目的、意図、理論の面から考えて、これはまったくその通りだろう。私たちは集合として、自分たち自身が作り出した環境に責任を負うことを、こんな風にして学ぶんだ。

この話のトリックは、責任を言葉にすることは容易く、実際に体感することは容易でないということだ。だから、私は、システムダイナミクスの概念化ツールは、うまく使えば、とてつもない効果があると思う。なぜなら、実際に自分自身が抱える問題を、自分の行動と関連付けて説明する理論を構築する手段になるからだ。これは、外的要因を排除するという意味ではないが、しかし通常、自分に起こっている問題を、外的要因だけを使って完全に説明することなんてできないものなんだ

しばしば、同じ外部(環境)要因を持った企業が、まったく違う成果を生み出している。これは、どうしてだろう?企業の内部構造―メンタルや認知、感情、行動、組織構造―が違うからだ。だから、悲惨な貧困の中に育った人の中で、ある1人は気付きを得ることになり、残りの99人は同じ環境に育って、一生「被害者」になる。環境条件は同じだが、何かが原因で、その1人の個人は、同じ環境の中でも、異なる解釈・理解をして、異なる振る舞いができたわけだ。

根本的に言って、システムの視点というのは、「私たちがどうやって自分自身の現実を創り出しているのかを発見する」ことなんだ。私たちが理解しようとしているのは、私たちが共同でどのように、自分自身の問題を生み出しているのか、それから、どのようにすれば、私たちが共同で何かまったく異なるものを創造する力を持ち得るのか、だ。これは、私たちの取り組みが生まれる元となった、組織学習に独特の哲学と、とても直接的に関係している。つまり根本にあるのは、システムの哲学なんだ。今では、様々なツールがある。システムダイナミクスのツールや、概念化ツール、対話のツールもあるが、これらはもっとオントロジー(存在論)上のツールと言えるかもしれない。

オットー・シャーマー: もっと何だって?

ピーター・センゲ: 存在論、あるいは認識論のツールだ。人がどうやって「自分にとっての現実」を説明する方法を構築するかを振り返るものや、または、クリス・アージリスの行動に関するツールのように、自分の対人関係における振る舞いが、いかにその関係をダメにしているのかを真剣に考えるもの、あるいは、私たちの志や理想を力として解放するようなツールだ。それらはすべて方法論レベルのものだが、だからこそ、私はこの言葉を使っている。

私なら、真のシステムの哲学をこのように定義する。「人間と、その現実という体験、そして、この体験のサイクル全体に自分自身が関与しているという感覚、この間にあるフィードバック・ループを閉じるもの」だ。だから、フランシスコ・ヴァレラはシステム思考家なんだ。だから、まったく異なる方法論や、時に異なるゴールを持つ人たちが、それでもなお基本的によく似た存在論的な観点を共有している。現実についての考え方の1つは、「相互関係性」だ。物質の世界で起こっていて、精神と切り離すことのできることなんて1つもない。だから、おそらく南老子の言う通りだろうと思う。これが、すべての問題の背後に潜んでいる、たった1つの問題なんだ。

オットー・シャーマー: ここへ来て1年半になるが、システム思考にとって本当に大切なことが何か、君の取り組みが何を解決しようとしているのか、今の君の話を聞いて、これまでになく明確になった。私なりの理解だが、体験や行動から逆にその原因へ向かうサイクルを完成させるためのツールや手助け、つまり乗り物を提供することなんだ。

ピーター・センゲ: こんな風に考えられたのは初めてだよ。良い質問をありがとう。

原文はここから:

Closing the Feedback Loop between Matter and Mind

Conversation with Dr. Peter M. Senge | MIT Center For Organizational Learning | May 15, 1996 | Claus Otto Scharmer

 


Text: How collectively to learn to take responsibility for the conditions we have created

The difficulty here is that until individuals take responsibility for their own life experience, or at least their experience of their experience, little deep change is possible. The challenge, when you are dealing with larger-scale human systems, is that collectively people have to take some responsibility. I think it’s a perfect parallel to that therapeutic axiom that a person can see awful things that have happened to them in their life, but until they see their own part, they can never escape a victimology mindset, and a victim mind certainly cannot generate any real creative energies for change.

De Maree used this term sociotherapy. From the standpoint of the purpose or intent or the theory of change, it is probably exactly right. It’s how we collectively learn to take responsibility for the conditions we have created. The trick in that statement is that it is so easy to espouse responsibility and not actually experience it. That is why I think the conceptual tools of system dynamics, when used artfully, are extraordinarily powerful, because they become one way for people to actually construct a theory that explains their own predicament in terms of their own behavior. It doesn’t rule out external forces, but usually you can never fully account for your predicament through external forces.

Often different companies have the same external forces and yet produce very different consequences. Why? Because their internal structures – their mental, cognitive, emotional, behavioral, organizational structures – differ. It is why one person can grow up in abject poverty and become enlightened and 99 other people grow up in abject poverty and become lifelong victims. The conditions are the same, but something has enabled one individual to process and interpret and enact different behaviors in the same conditions.

The systems perspective is really fundamentally all about discovering the way we create our own reality. We are trying to understand how we together are creating a lot of our own problems and, consequently, how we together might have the power to create something very different. It connects very directly to the particular philosophy of organizational learning that I feel our work grows out of, which is, at its root, a systemic philosophy. Now it had different tools. There are system dynamics tools, conceptual tools, there are dialogic tools which are more like ontological tools perhaps.

COS: More like what?

Peter Senge: Ontological or epistemological tools – you know, how people reflect on how they construct their explanations of reality – or behavioral tools a la Chris Argyris, where people can really get serious about how their own behaviors in face-to-face relations undermine them, or tools that are about aspiration and releasing our dreams as a force. Those are all at the level of methodology, but that’s why I use the term.

That is the way I would describe or define a true systems philosophy, which is one that closes the feedback loop between the human being, their experience of reality, and their sense of participation in that whole cycle of experience. That’s why Francisco Varela is a systems thinker and why people who have totally different methodologies and maybe even different particular goals are still basically coming from a fundamentally similar ontological perspective. One way to think about reality is that it’s interactive. There is nothing that is occurring in matter that is fundamentally inseparable from mind. So I think Mr. Nan is probably right. That is the issue behind all the issues.

COS: I have been here for one and a half years, but it has never been so clear as in this moment when you described what systems thinking is really about, what your work is really addressing. That is, as I understood it, to provide a tool, a help or a vehicle for completing the circle from experience and behavior back to the cause.

Peter Senge: I don’t think I’ve ever thought about it quite this way. They are good questions.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中