オットー・シャーマー x ピーター・センゲ(U.Lab インタビュー)

オットー・シャーマーのオンライン講座「U.Lab – Transforming Business, Society, and Self」でのピーター・センゲのインタビュー1回目(全5回)冒頭のスクリプトです。オットー・シャーマーは、あるワークショップに参加したインドネシア人の言葉を借りながら、「自分も人生で『2度生まれた』と言える。1回目は故郷のドイツで、2回目はMITへやって来たボストンで生まれた」と話し始めます。


(オットー・シャーマー)…実は私たちが1996年に話したことが、このとても大切な部分なんだ。ピーター、あのとき私は君の取り組みがどのように発展してきたのかを君に聞いた。 その取り組みを通じて解決しようとしている根本的な問いは何なのか。そして、システム思考のエッセンスとは何なのかって。

そして、この問いに対する君の答えが、私や他の人たちに大きな影響を与えた。それはこんな風だった。君はいくつかの事例を話した後、ほんの数週間前の体験を語り始めた。そのとき君はちょうど中国から戻ったばかりで、向こうでは仏教と儒教、そして道教を総合する中国の教育者に会っていた。君がその人に、私たちの時代の危機、環境と社会、他の政治的な問題について尋ねたら、彼はこう答えたんだ。

世界に問題はたった1つだけなんだ。それが、マインド(心)とマター(物質)の再統合なんだ」。それから君は続けて言った。「彼はほんとにこの通りに言ったんだ。マインド(心)とマター(物質)の再統合・・・」。

それから君はシステム思考のエッセンスについてこう言った。

「・・・私が本当のシステムの哲学を表現、つまり定義するとしたら同じことを言うね。それは、『人間と、その現実の体験、そしてこの経験のサイクル全体に関与しているという感覚の間にあるフィードバック・ループを閉じるもの』なんだ」

この言葉と、こういう表現に至る文脈が・・・私はそれまでにも君や他のシステム思考のリーダーたちの本や記事を読んでいたけれど、この表現こそが本当にエッセンスを明確に言語化してくれた。私にとって、それまでに読んだ何よりも、本質に近づく道を開いてくれたんだ。

君の取り組みについて、君だけじゃなく、君や他の仲間が関わっている、より大きな枠組みでのシステムの変化の取り組みも考慮したとき、君の取り組みはどんな風に進化してきたと思う?そして、今私たちはどの地点にいるだろうか?私たちの主要な関心は、今どこに向けられているべきだろうか?

このインタビューの続きは、U.Labに無料登録すると見ることができます。 


これまでの U.Lab インタビュー 翻訳:

rsz_1rsz_peterxotto

パート1 2 3 4 5 6 7


…In fact the conversation we had in 1996 was a very important part of that. Back then, I asked you about the evolution of your own work: What are the underlying questions that you are trying to address with your work? What is the essence of systems thinking?

And the way you responded to that, because it has been very influential on my own and other people’s thinking, the way you responded to that is… You gave a few examples, then you started to talk about an experience you just had a few weeks before. You just had returned from China where you had a meeting with a Chinese educator who synthesizes Buddhism, Confucianism, and Taoism. When you asked him about the current crisis of our time, ecological and social, and other political issues, he responded was this:

He said, “There is only one issue in the world. It’s the reintegration of mind and matter.” Then you continued, “That’s exactly what he said to me. The reintegration of mind and matter.”

Then you talked about the essence of systems thinking by saying this:

“That is the way I would describe or define a true systems philosophy, which is the one closes the feedback loop between the human being, their experience of reality, and their sense of participation in that whole cycle of experience.”

That articulation and that context of articulating that has been very… I had read your books and articles, and other thought leaders of systems thinking, but… that in a way really articulated the essence, to me, much more accessible than anything I have read before. How do you see your own work, but also kind of the larger efforts in systems change that you and others are involved in. How do you see that develop? Where are we? What really should have our main attention now?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中