変化のための学習 (Part 1) 「組織変革が失敗する理由」

ほとんどのリーダーシップ戦略は、はじめから失敗する運命にあります。多くの人が長年に渡って述べているように、戦略的イニシアチブは大半がトップの牽引によるものであり、それらはせいぜいわずかな効果しか生み出せていません。企業の再編成は、各種の新戦略よりも一般的になっていますが、実際にどれだけの再編が、劇的に以前より効果的な企業を生み出したでしょうか。

広告

インタビュー:ピーター・センゲ 「教育、システム思考、私たちのキャリア」(2)

ある意味で、生命はいつもシステム思考家であるように教えてくれています。家庭はシステムです。あらゆる組織のチームはシステムです。大きな組織もそれ自体システムですし、属する業界もシステムです。ですから、私たちはいつもシステムに囲まれているのです。システム思考を学び続ける機会は、死ぬまでずっと無限に存在しています。

インタビュー:ピーター・センゲ 「教育、システム思考、私たちのキャリア」(1)

今年2月にダニエルと行ったウェブセミナーの後、私たちの基本的なアイデアを発表するべきだということがはっきりしたのです。この新しい本はそこから生まれました。この本のポイントは、核となるクリアでシンプルな考え方があり、それらを合わせることで 、現在も行われている初等教育と中等教育の変革(トランスフォーメーション)のプロセスにすばらしいシナジーを生み出すことができるということです。

【動画】ピーター・センゲ「システム思考を学校で教えること」

人間は特別に足が速くありません。他の種に比べれば。他の種に比べて、身体が強いわけでもありません。では、私たちはどうやって生きてきたのでしょうか。進化という視点から見て、どうやって生きてきたのでしょうか。私にとって疑う余地のないその手法の1つ、私たち人間が、今まで生き残ってきた理由の1つは、協力して何かを行うことの価値を理解していることです。コミュニティーとして(団結して)ものごとを行う能力を持っていることです。