ピーター・センゲ「現実をデザインする」(1)

Peter Senge Presentation “Design Your Reality” By NZTE Video

パート(1)(2)(3 )


ここにいるみなさんの多くは、組織の高い役職にいる方ですから、1つ提案をしたいと思います。簡単に忘れられてしまう仕事の1つの側面ですが、それは、人々が物事の意味を認識する手伝いをするということです。私たちは何者で、どんな場所にいて、またどのような文脈の中で活動しているのでしょうか。みなさんの仕事の1つの側面は、組織のインテリジェンス、つまり人々が周囲の世界をどのように理解するか、その成長に投資し続けることです。

“1.5”

この数字は、1.2か1.25、または1.3かもしれません。1.7だという人もいます。一定の不確かさがあるのは当然のことです。理由は、すぐにお分かりになるでしょう。今、私たちが住んでいる世界の1つの決定的な性格を、この数字が表しています。私たちが現在、地球をいくつ分使用しているかです。地球上での人類の活動のフットプリントをトータルで見てみると、私たちは、1をはるかに超えてしまっています。おそらく前世紀の後半、私たちは1を超えました。

これは本質的に曖昧な概念ですが、だからと言って、重要でないことにはなりません。今日の世界で良いデザイナーになりたければ、曖昧さを受け容れないといけません。もちろん、人生の全ては程度の差はあれ不確かですから、何が重要かは自分で選ぶものですが、私に言わせれば、これよりも大切なものはありません。

もし中国が、物質的な豊かさと廃棄物の量で西欧と同じ水準に成長すれば、この数字は2になるでしょう。地球が2つ必要になります。インドも同様なら、3になるでしょう。これは今の私たちの現実です。

その捉え方は個人、組織、社会によって違うので、この意味を認識しようとするには時間が掛かります。言うまでもありませんが、地球は2つも3つもありませんし、1.5個もありません。論理的、合理的に考えて、人類が今たどっている道筋をただ進み続けて全てがうまくいくと言える段階を、私たちは遥か昔に通り越しているのです。この本質的にあいまいな議論を受け容れればそうなります。 全ての種は生物としての条件、生物学者が、「環境収容力(carrying capacity)」と呼ぶものの中で活動しています。この地理的、生物学的条件の中で、どの種をどれだけの数だけ維持できるか、食料や廃棄物を処理できる量などの基本的な条件です。

“2”

2つ目の数字は、「2」です。コンセプトとして、曖昧さはずっと小さいものです。環境収容力という概念は、常に概念的です。誰も背景の基本的原理には逆らうことができません。どの種にも最適な物理的フットプリントがあり、それが何なのか、どのように計算するかは、本質的に複雑で科学的な問いです。 この2という数字)は、もっと単純です。2020年に世界で清潔な飲み水を手に入れることが出来ない人の数(単位は10億人)です。今日、その数はすでに10億人を超えています。WHO(世界保健機構)の推定では、12億人が清潔な飲み水を手に入れられません。遠い未来ではありません。2020年、WHOはその数が20億人に達すると推測しています。今話しているのは、新しい話ではありません。しかし、多くを意味します。事実、水は、新たな石油です

“3”

3つ目の数字「3」は、個人的に、少なくとも初めて聞いたときには大変驚かされました。これをシェアしたいと思います。反応が少し難しいと思いますが、結論はそれぞれにお任せします。ある意味、この数字は1つの絵を完成させてくれます。とても興味深い方法で。 この数字は、世界で1年に自分の手で命を絶つ人の数、つまり自殺者数を、世界中で他殺により命を落とす人の総数と比較したものです。ここ20−30年、特に直近の10年間に、世界では、他人に命を奪われた人の3倍の数の人が、自らの手により命を奪われているのです。

この小さなデータをシェアしているのは、私たちの振り返りのためです。見過ごされがちなこのデータを以て、私たちが現実のいくつかの側面に注意を向けて、「これが意味するものは何か?」と問うためです。 1つ目と2つ目の数字が、昨日ティム・ブラウン(IDEO社CEO)が「多発性の(マルチプルな)危機」という言葉を使った、経済・金融危機、健康や生態系など様々な社会危機と関係しているのは明らかです。

私が、みなさんにもう少し考えて頂きたいのはこの3つ目の数字です。みなさんがどう思われたかは分かりませんが、私はこれを初めて聞いたとき愕然としました。それ以来何度もこれを耳にしています。だから、おそらくだいたい正確なのではないかと思っています。 私にとって、社会や生態系の危機と合わせて良く考えなければならない重要なことです。私たちは、つまるところ、「人間性の危機」に直面しているのかもしれません。

先ほどグローバル・サステイナブル・フード・ラボについてお話ししました。約70の食品業界の世界的大企業や、OxfamやWWF(世界自然保護基金)、Nature Conservancy(自然管理委員会)をはじめとする大きなグローバルな非政府組織、また多数のローカル組織が協働して、世界の食料システムを再検討しています。ここで、ずいぶん初期の段階で生まれたものの1つが、多層的な危機という感覚でした。社会的、生態系的な危機です。しかし同時に、パーソナルな危機でもあったのです。本当に、人類の危機なのです。

続きを読む(2)


Since a lot of you are in senior roles in your organizations, I would like to suggest the one easily neglected aspect of your work is how to help people make sense of things: who are we, where are we, but also, what is the context in which we are operating. One aspect of your job is to continually invest in enhancing intelligence of your enterprise. How people understand the world around them.

“1.5”

This could be 1.2, 1.25, or 1.3. Some people even say it should be 1.7. You will be why there is a natural range of uncertainty. A part of the defining feature of the world we live in today is this number. This number refers to how many earths we presently use. If you look at the total footprint of human activity on the planet, we are way passed the one. Probably, the latter part of the last century, we passed the one point. This is inherently ambiguous idea that doesn’t make it unimportant. If you want to be a good designer in the world today, you obviously have to embrace ambiguity. Of course, everything in life is at some level ambiguous. So, you pick a few that are particularly important. I would say there are none that are more important than this one. If China were to raise the levels of material affluence and waste of the West, this number will be 2. We would need two earths. If India does likewise, it will be 3. I would say that is the defining feature of our reality today. Because it means what it means to each person, each organization, and each society, that takes the time to try to make sense of it. Needless to say, we don’t have two, we don’t have three, or we don’t have 1.5 earths. We are way passed already the point, which human being could think in any logical rational basis that we can just keep going the way we are going and everything will be fine. But I would say that as long as we accept this inherently uncertain notion. Every spices operating in any biological context, niche operating in some context, something biologist are referring caring capacity. How many of whatever species can be supported in this biological and geographical setting. Food supply, ability to process waste, etc., very basic stuff.

“2”

Second number. This one is a lot less ambiguous in concept. The idea of carrying capacity of any species.. is always a conceptual idea. No one refuses the basic principle behind it. There are always the optimal sides of physical footprint of any species. But, what that is or how you calculate is inherently very complex scientific question. This one is actually much less complicated. That’s the number of (billions of) people in the world who do not have the access to clean drinking water by 2020. Today, it’s already well over a billion. General estimate by World Health Organizations is a billion two hundred million people do not have reliable access to clean drinking water. Not far off, 2020, standard World Health Organization estimate is to be two billion. This is not a new statement right now, but it tells us a lot. Actually water is new oil.

“3”

The third one is probably, to me, at least when I was first exposed to it, was the one that really surprised me. I wanted to share. It’s a little bit tough to deal with, I think, but you will draw your conclusions. It kind of completes the picture in a very interesting way. That number is the number of people in the world who die each year from their own hands, suicides, compared to the total number killed in homicides in the world. Year and year out for the last two or three decades, particularly the last decade, three times as many people in the world have killed themselves than having been killed by another. I am just sharing these little bits of data to give us something to reflect on. It’s a little loads (?) of data. We often miss that. It’s to get us to pay attention to some aspects of our reality and ask, “what does this mean?” So, obviously, first and second ones have to do this, Tim (Brown) used the term yesterday multiple crisis; economic and financial crisis, social crisis of different sorts, like health as a crisis, and ecological crisis. For me, I want to leave you again to think about this a little bit on your own. This third number, which I don’t know about you, but when I first heard it, was a kind of really jaw-dropping. And I heard it now several times. So, I think it’s in a ballpark of accurate. It’s just something that to me is very important to consider in concert with what we just said social and ecological crisis, which is that deep down we may have a crisis of human-ness. I mentioned that the Global Sustainable Food Laboratory, the food network. Now about 70 world largest businesses in the food industry and global NGOs, Oxfam, World Wildlife Fund (WWF), Nature Conservancy, and all the big NGOs and a lot of local ones all are working together how we re-think the global food system. One of the things, which emerged very early in that process, was the sense that they really are at multiple levels. It is a social ecological crisis. But it’s also a very personal crisis. It’s a real human crisis.

広告

ピーター・センゲ「現実をデザインする」(1)」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中