ただ内省を通してのみ、私たちは歴史を変えることができる

2014年4月 SoL「Foundations for Leadership プログラム」より

みなさんがご関心をお持ちの、組織における深いレベルの変化にとって本当に大切なものは、ほとんどが「目に見えない」ものです。当然だとされていること、背景に溶け込んでいるようなことです。今から400年前の歴史に(地動説を唱えて投獄された)ガリレオの話がありましたが、私たちは今もその仕組みを甘んじて受け容れているようです。私たちのほぼ全員にとって、形のある物は「現実的」で、形のないものは「どこかつかみどころがない」でしょう。非現実的と言い換えられるかもしれません。先ほど(組織変革の)ハードとソフトという話がありましたが、事実、この区別は大変一般的で、しかも、近代カルチャーの物質主義と素晴らしく相性が良いのです。

私たちの「カルチャー」というのは、物質や消費、物理的なものを重視しています。なぜなら それらが最も現実的だと、私たち自身が考えているからです。しかし、これは「カルチャー」なのです。カルチャーという単語を使っているのは、分かりにくい意味を説明するために、共通の基盤を整えようとしています。みなさんがそれぞれの組織で行いたいと思っていることは、究極的にはカルチャーの話なのです。その組織に属する人々の考え方、振る舞い、部屋のレイアウト、イスの配置まで全部がそうです。例えば、誰か会議に花を持ってくることを考えたでしょうか?何か生きたものがその場に存在するようにと。一般的な答えは、ノーでしょう。会議の間の行動はどうでしょうか?たくさんのスライドを見て、2、3人が話し、あなたはテーブルの下でガジェットを操作しながらその話を聞く。最も具体的な形のあるものから、最も形のないものまで、全てはカルチャーなのです。これは、目に見えないものなのです。

ただし、これが目に見えないのは、あなたがそれを見えないままにしておく限りにおいての話です。「目に見えない」というのは、「私たちの意識の背景に溶け込んでいる」というような意味です。外国に住んだことのある人が、突然自分の母国のことを発見するように、本当に「目に見えなかった」わけではなく、「自分には見えなかった」だけなのです。今住んでいる場所で「なんだ、ここの人たちはおかしなことをするな」と感じることで、これはおかしいのではなく、自分の育った環境と違うだけなのだと気付きます。これは少し居心地が悪い感覚です。自分が慣れ親しんだものの方が心地良いのです。この内省を行う瞬間、自分の母国のことに気が付くのです。「目に見えなかった」多くのことが、本当に文字通りの「目に見えないもの」ではなかったことに気付くのです。

「目に見えない」という言葉に鍵カッコを付けているのは、これが永遠に見ることができないものだという意味ではないからです。「私たちが普段の自覚している意識よりも深いレベル」という意味です。私の知る限りカルチャーのいちばん良い定義は、「人々が思考や行動を形成するが、概してその人たちの目には見えないもの」です。それに気付き、見ることができるようになるまでは。

この気付きを可能にするとてもシンプルで基本的なジェスチャー、動きというか、シフトがあります。これは人間なら誰もが行えることです。これを指し示すのに、最も適した言葉が、英語では「Reflection (内省)」です。私たちが振り返って、自分が元々来た星に目を向ける。これが内省を表す動きです。鏡を手にして、自分の見えないものを見ることです。古いことわざにこういうものがあります。「目を目で見ることはできない」のです。内省する方法が見つかるまでは。私たちは視覚でモノを見ます。視覚自体を見ることは出来ません。いろいろ例を挙げていますが、つまりは内省が重要だということです。

DeathtoStock_Wired4

長々とお話をしてすみませんが、大事なポイントはシンプルです。もし本当の変化というものに真剣に取り組むのなら、今ここで始めなければならないことは、たった1つだけです。それはいつも、1つの例外もなく、内省なのです。

これを言い表す素晴らしいフレーズがあります。私の先生で、ここ10年ほどの間に私たちの多くにとって非常に大切な先生となったチリ人の生物学者で、ウンベルト・マトゥラーナという人がいます。生物学の世界では大変著名で、過去40−50年に渡って革新的な研究を行っています。チリに戻る前はMITにいました。「認知の生物学」と呼ばれる領域で、認知という現象をどのように理解するかの研究をしています。認知とは、多くの意味で種としての私たちを定義する現象です。私たちの認知する能力は、生物学的な認知から生まれるからです。ウンベルトは、心理学者ではなく実験生物学者なのです。

とにかく、科学的な偉業に加えて、彼はアインシュタインのようなところがあり、美しく、力強くてシンプルな表現で物事を表します。例えば、こういうものがあります。

「ただ内省を通してのみ、私たちは歴史を変えることができる 」。

私が言いたかったことを全て包含する、美しい言葉です。

私たちが何かするのは、決まって今までそうしてきたからです。どんな社会のどんな組織にも共通の現象です。「どうしてこれはこういう風にするんですか?」「もちろん、そういうものだからですよ!」新人や外部の人がこういった質問をします。一般的に、私たちは彼らに耳を傾けません。これらの質問はイラッとする質問だからです。私たちのお決まりの答えは、「そうですよ、私たちは合理的でないかもしれませんね。でもとにかくいつもそうやってきたんですから!」そう、内省が起こるまでは。深いレベルでの変化にとって大切なのは、いつも内省する力を育むことです。ウンベルトが言う通り、「ただ内省を通してのみ、私たちは歴史を変えることができる」のですから。組織の変革について本当に知らなければならないことは、ただこれだけなのです。


Most of the stuff that really matters for all deep changes you’re interested in organizations would be highly invisible to you. Taken-for-granted, faded in the background. See, not many of you know that story probably Galileo, pretty much the history, long time ago, 400 years ago, and yet we all live with the consequences because for almost all of us: one: What’s tangible is real, and what’s intangible is kind of fuzzy. Could be called not-real. That’s how we get the hard stuff and soft stuff. Even though in fact who reflect on the experiences makes no sense or whatsoever, it’s very common, it inherent that distinction. And it fits beautifully with the materialism of modern culture.

We have a culture focused on stuff, focused on consumption, focused on physical stuff because we regard them as most real. It’s cultural. I’m using this term just to get a common denominator for all of us to illustrate the subtle meaning of culture. Everything you seek to do in your organization is ultimately about culture. It’s about how people think, it’s about how you behave, how they go about organizing meetings, from the most subtle to most tangible, how are the rooms set up, how the chairs are arranged. Does anybody think of bringing flowers to this meeting? To have something living? No, generally not. What do we do during the meeting? We look at bunch of slides, two or three people talk, and listen to them playing games on your gadget. For the most tangible to the most intangible it’s all about culture. The culture is invisible to a high degree.

Now one last thing. It’s only invisible as long as you keep it invisible. It’s not literally invisible. I’m using the word invisible only to mean kind of fading in the background of our awareness. It’s like that discovery to those of you who have resided out of your country suddenly discover your country of origin. It was not literally invisible, but you just did not see it. “Oh, well… this people. They do this crazy thing here in this place we’re living now. I realize it’s only crazy because it’s different from what I grew up with.” And I am a little uncomfortable with it because I’m much more comfortable with the stuff I grew up with. In that moment of reflection, we become aware of the country of our origin. You become aware of a lot of things that have become invisible but were not literally invisible.

So, put “invisible” in quotes, I don’t mean permanently invisible. I mean “below the level of our normal conscious awareness.” It’s the best definition of culture I’ve ever heard of. The things that shape how people think and act, which are by and large highly invisible to them… until they become visible. Visible in the sense of see (3:38)

One allows that to happen is a very simple and basic gesture or movement, shift that is possible for every single one of us, human beings. Best English word to describe it is reflection. It’s when we turn and see the planet we just came from. It’s the gesture of reflection. It’s holding a mirror and seeing what we don’t see. It’s an old saying, beautiful, “The eye cannot see the eye…” until there’s some way to reflect. We see from our vision. We don’t see our vision. All illustrations are for the importance of reflection.

So, I apologize for the long ramble, but it comes to a very simple point. If you are really serious about real change, there is only one thing we have to start off right here. It is always, always about reflection.

There is a beautiful phrase that encapsulates this. My teacher, who became a very important teacher for many of us in the last decade, a Chilean biologist, Humberto Maturana. He’s very famous in the world of biology because of a pioneering work in the last 40-50 years, actually started at MIT before he returned to Chile. It’s called biology of cognition: How is it that we understand the phenomenon of awareness, which in may ways define us as species. Our capacity to be aware of has been produced by our biological awareness. He’s not a psychologist. He’s an experimental biologist. Anyhow, beside the significance of science, he is a bit like Einstein, he is also beautiful to articulate the in a powerful simple statement. For example, Humberto says, “It is only through reflection that we change our history.” It’s a beautiful way to encapsulate everything I meant to say.

We do what we do because that’s the way we’ve done. It’s symptom of all the organizations in all the society. “Why do you do that way!?” “Oh, because we’ve done this way!” Every new person, every young person, every outsider comes to the organization has this kind of questions. In general we don’t listen to him because these are annoying questions. And we get out our answers are usually, “we are not rational, but yeah, that’s what we’ve always done!” Well, until we reflect. All deep change is always about building a capacity for reflection because, as Humberto says, it is only through reflection that we change our history. That is like the only thing you need to know about organizational change.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中