創造的緊張(クリエイティブ・テンション)

ピーター・センゲ「創造的緊張(クリエイティブ・テンション)」
Peter Senge: Creative Tension
Video by SoL (Leadership for Sustainability Workshop)

ソクラテスが、心の中に緊張関係を生み出す必要があると考えたように、人間が、神話と一面的な真実から立ち上がることができるように(中略)私たちも、社会にこの緊張を生み出し、偏見と人種差別の暗闇から、人々が立ち上がる助けにならないといけないのです。(キング牧師「ベンジャミン刑務所からの手紙」 Dance of Change, p.16 に引用されています)

リーダーとしてのキング牧師の活動を見てみると、私たちの多くが真っ先に考えるのは「夢」の人だということでしょう。もしも「I have a dream」のスピーチを見たことがなければ、17分ほどありますが、見つけるのは簡単なので、是非見てください。すばらしい演説です。その中で、彼はビジョンについて話し始めます。自由というビジョンです。この演説は、本当は人種差別についての話ではありません。人種差別や人種差別的行為という文脈で語られてはいますが、彼は牧師ですから、コアとなるビジョンは、人間にとって自由とは何かという話なのです。

しかし、彼の実際の活動を見てみると、彼が生涯をかけて行ったことは何でしょう?ガンジーに影響を受けた彼なら、「今の現実を劇的に表現しなければならない」と言ったでしょう。それが、(ワシントンの)プロテスト大行進なのです。ガンジーのこの戦略は、すばらしいものでした。大英帝国をインドから引き払わせたのですから。権力も、お金も、影響力も持たない人々の手によって、遂にインドは自由の国になったのです。彼はこの方法で人々をシステムに関わらせることで、現状何がどのようになっているのか誰にでも見えるようにしたのです。ですから、アメリカ南部の行進や、全ての行進活動や非暴力主義アプローチには、鍵となる目的があったのです。それが、「現実の状況を劇的に表現する」ことでした。

メディアが大切な理由がここにあります。テレビが必要だったのです。そして視聴の目に映らなければなりませんでした。誰かが、南部で何かをしようとして逮捕されたとして、何人の人がそれを知ることが出来たでしょう?ほとんどの人は、知る由もありません。そのような現実が存在していたのです。彼らの仕事は、夢という文脈からそれを可視化して、社会にある種の緊張関係を生み出すことでした。何も新しい考え方ではありません。とても古くからの考えです。キング牧師のような卓越したリーダーは、人生の中でそれを実践しています。

Creative Tension
Image by Kelvy Bird

ビジョンがなければ、何も起こらないのです。しかし、現実から乖離してしまっては、やはり何も起こらないのです。すばらしいビジョンだけを持った人たちは、ビジョナリーに汚名を着せることになります。「私にはすばらしいビジョンがたくさんある。しかし、実際に何がどうだなんてことに、どうか私を煩わさないでくれ」という人です。一方、現実だけにしがみつく人たちもいます。例えば、アカデミアの世界にはそういう面があり、すばらしく明晰な人たちがたくさんいて、現実についてありとあらゆることを知っています。しかし、その中にビジョンを意識している人はほとんどいないでしょう。特に仕事においては。ビジョンは、アナリストの仕事の一部ではないのです。

ですから、緊張関係を生み出そうとするなら、「現実」が絶対に不可欠なのです。そして、「ビジョン」もまた、絶対に不可欠なのです。つまり、両方が必要なのです。この創造のプロセスのエネルギーは、この(ビジョンと現実の)ギャップから生まれます。基本的な考え方はシンプルです。ロバート・フリッツは天才ですから、このようにシンプルでクリアな考え方にたどり着きました。

しかし、いくつか小さなポイントがあります。1つは、あなたは、この「ギャップ」を、どのように生みだしますか?ビジョンを明確にすれば、エネルギーが生まれます。そして同様に、現実をより明確に見つめることでも、エネルギーが生まれます。この2つが創造的緊張を生み出す根源です。1つは、ビジョンを明確にして、それにコミットすること。そして、もう1つは、現実に何がどうなっているのかをより明確にすることです。

単純に言い換えると、創造的緊張の2つの源は、理想と現実です。ここに、多くの組織にとって、現実を話すこと、正直に、何がどうなっているのかという現実を、公に話すことが非常に困難な理由があります。内部告発者が出るのはどうしてだと思いますか?私たちが、組織の風土を生み出したからです。真実を話すことが、とても大きな危険をはらむような風土を。現実を話すと、その人がリスクを負うことになるのです。どうしてでしょう? 人々の実体験よりも、こうであって欲しいと言うストーリーに重きを置いた風土を、私たちが生み出したからなんです

この創造的緊張は全て、私たちがすでに知っている2つのアイデアから生まれます。ビジョンの力と、現実の力です。ここから創造のエネルギーが生まれるのです。大きな目で見ると、この両方が必要なことがよく分かるようになります。そのために、ロバート・フリッツはこの構造を生み出したのです。これはクリエーターたちが、レジスタンスとして存在するための超越的な構造なのです。ビジョンへのコミットメントと、今の現実へのコミットメント、その結果として、創造的緊張が生み出されるのです

 


“(Just as Socrates felt that it was) necessary to create a tension in mind. So, the individuals could rise from the bondage of myth and half-truths …so must we create that kind of tension in society that will help men rise from the dark depth of prejudice and racism”

So, if you look at Dr. King’s practice as a leader, of course many of us immediately think of “The Man of the Dream.” By the way if you have never seen the “I have a dream” speech, you can watch it very easily. It is about 27 minutes long. It’s brilliant. And of course, in the middle of it, he starts talking about this vision, which is the vision of freedom. It’s not really a speech about race. For the context of all the racism and racial embodiment, but his core vision, because he’s a preacher, his core vision is what it means human being be free.

But if you look at his practice, what did Dr. King spend most of his life doing? Inspired by Gandhi, he would say, “We must dramatize the current reality.” That’s what the protest march is. He was inspired by Gandhi extensively as he used this strategy brilliantly. Going down the British empire from India. People with no power, no money, no influence, ultimately India became a free country. He became masterful and engaging the system, so everybody could see how the system is presently working. Hence all the protest march, marches to demonstrate in South, and the whole non-violence approach has one key aim: dramatize the present situation.

All the sudden, that’s why media is so important. They had to have TVs. There had to be people to see. When people try to (2:03聞き取れない) they got arrested. How many of people knew that ever happened in the deep South? They had no clues. That was an aspect of the reality. Their job is to make it visible which in the context of the dream, creating a kind of tension in society. This is not a new idea. A very old insight. And masterful leaders, like Dr. King, lives it, embodies it.

Without vision, nothing happens. Without being attached with the current reality, nothing happens. The people just have lovely visions, they give the visionaries bad names. “I have these all lovely visions and dreams, but no, no, please don’t bother me about ’what is.’” People just deeply attached with the reality, I know this in a kind of academic world, the world is full of brilliant people, they tell all about reality. But most of them, very little are aware of vision, or very little in their work. That’s not a part of their work because they are analysts.

So, hope we create a tension is that you need reality absolutely, and you need visions absolutely, but you really need both. The basic idea is really simple. Again, Fritz is genius because he makes it really simple and clear. But there are subtleties. One subtlety is that the energy in the creative process comes from this gap. How do you generate the gap? Obviously, starting to articulate your vision, you generate energy. But just as much, when you start to see more clearly the current reality, you also generate energy.

There are two fundamentals that generate the creative tension. One is by articulating and committing to the vision, and the other is by getting clearer about what is.

So, putting simply, two sources of creative tension are aspiration and truth. That is why the truth and telling the truth, being honest, being able to talk openly about how things really are, which is a huge problem for most of our organizations. Why do we have whistle blowers? It’s because we create an organizational culture where it’s actually very risky to tell truth. You put yourself at risk to tell the truth. Why? Because you created the culture that has a big investment in a story about what is rather than people’s actual experience about what is.

This whole creative tension can well be done two ideas we’ve all heard; power of vision and power of truth. By pulling together, you create a creative tension. You start to see how they both are essential in a large sense. That’s why Fritz has tried to structure. This is the transcendent structure that creators being resistance. Commitment to the vision and commitment to the current reality, and consequently there is a creative tension.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中